モンゴル

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

モンゴル遊牧部族のハーンの息子として生まれたテムジン(後のチンギス・ハーン)は、父イェスゲイを毒殺され、仲間や財産を奪っていったタルグタイには命を狙われ、妻ボルテはメルキト族にさらわれ、西夏国で奴隷として囚われる・・・と数々の辛酸をなめる。しかし何度でも立ち上がり力をつけたテムジンと、幼い頃からの盟友(アンダ)ジャムカが決着をつける日がやってきた。

思ったこと

浅野忠信はすんごいモンゴルの人みたいだった!
モンゴル語の発音が正しいのかどうか分かりようもないが、違和感なく同化しているように見える。
幽閉されているときの、能面のように無表情で鬼気迫る顔、土壁みたいな皮膚が記憶に焼きついた!
このパートは監督の創作だそうで、当然見たことも聞いたこともないテムジンの状況に、え?どうなるの?と、ちょっととまどいつつもわくわくしたよ。
しかし、『蒼き狼 地果て海尽きるまで』といい、自国の英雄を日本人に演じられてしまうのって、モンゴルの人たちにとってどうなんだろう・・・?

ストーリーはスピーディーに展開しダイジェスト的にさくさくと進むが、迫力のある風景や撮影のおかげで、物足りなさを感じさせない。
広大な草原に砂漠、巨大な岩、どこまでも広がる空・・・。
ロケはモンゴルだけでなく、カザフスタン、中国の内モンゴル自治区、新疆ウイグル自治区などで行われたらしい。
いつかきっと行ってみたいな。

物語は、少年テムジンが父イェスゲイとともに嫁探しに行くところから始まる。
モンゴル族における良い妻を選ぶポイントとは「顔が平らで、目が細く、足が丈夫であること」なんだって。
うん、なんだか私でもいけそうな気がしてきたぞ・・・。
「ひとめで妻と分かった」だなんて、お・と・こ・ま・え〜!
キュンときてしまったよ! 9才のまん丸顔の少年に。

テムジンは、よっぽどボルテのことが好きだったんだね〜。
なんか常にボルテのことを考えている。
すべてを奪われ命まで狙われてても、考えていることは「嫁を迎えに行かなきゃ」だし。
さらわれたボルテを取り返すため、盟友ジャムカに「モンゴル人は女のために戦などしない」とか言われつつも、強引に嫁奪還の協力をとりつけるし。
牢の中から告げる言葉も「これを・・・ボルテに渡してくれ・・・」。
大人になったボルテの容貌は、ディズニー映画『ムーラン』を思い出させた・・・んーエキゾティック。
メルキト族にさらわれている間に生まれた子供ふたりを見て、「今日から俺が父だ」と躊躇無く告げるテムジン、ふところ深〜!
9才と10才で出会い、身ひとつの貧乏になっても、殺されそうになっても、異部族や異国に囚われても、とにかく互いを求め続けるテムジンとボルテ。
シンプルな気持ちだからこそ強いのか・・・その一途さがうらやましい。
しかしテムジンはこの後何人もの妻をめとるはずだが・・・。

ジャムカとの決戦は、スペクタクル的に盛り上がった!
二刀流の騎馬武者たち、悪役っぽい黒い鎧で容赦なく突進する・・・カッコイー!
弓矢隊がずらっと姿を見せたところにも興奮!
ごく間近な視点から撮っているため何がどうなっているのか分かりにくいときも多いが、その血なまぐささと混乱が戦の迫力を増す。
でもねでもね、身ひとつだったテムジンがいったいどうやってこれだけの軍団を集めることができたの〜??
その部分は省略してはいけなかったんじゃ・・・。

モンゴル
Mongol

(2007年 ドイツ/ロシア/カザフスタン/モンゴル)
監督・脚本/セルゲイ・ボドロフ
出演/浅野忠信(テムジン)
   スン・ホンレイ(ジャムカ)
   クーラン・チュラン(ボルテ)
   アマデュ・ママダコフ(タルグタイ)
   バー・セン(イェスゲイ)
   アリヤ(ホエルン)
   オドニャム・オドスレン(少年時代のテムジン)
   バエルトセッセグ・エルデンバット(少女時代のボルテ)
   アマボルド・チェムシンバラール(少年時代のジャムカ)
公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒼き狼 地果て海尽きるまで

お気に入り度 ★★☆☆☆

こんな話

モンゴル部族長イェスゲイ・バートルと、メルキト族から略奪されたホエルンとの間に産まれたテムジン(後のチンギス・ハーン)。始祖“蒼き狼”の伝説を胸に誇り高く育ったが、父の死後、自分はメルキトの血を引いているのではないかという疑惑に苦しみつつ、部族を守り大きくしていく。妻に迎えたボルテがメルキトにさらわれ、取り戻したときには既に妊娠していた。産まれた子は余所者という意味のジュチと名付けられる。

思ったこと

モンゴルの景色は雄大ですばらしい!
馬がたくさん出てくるのもワクワクする。
モンゴル特有の衣装や髪型は目に楽しい。
はい、以上、ほめるところを先に書いておいて・・・と。

ストーリーがとんとんと進むというか、チンギス・ハーンについての子供向けダイジェスト絵本でも読んでるような感じ。
どうしてこんなに大味なんだろう?
お金はしっかりかけたらしいし、日本の文学やエンターテインメントの分野には才能ある人も少なからずいるはずと思うのに、なんでこうなっちゃうんだ??
出来事やセリフが、伏線にもならず裏に隠された意味もなく、ぶつりぶつりと続いていく。
全体的に不自然なセリフを棒読みしてる感じなのは、モンゴルの人がしゃべっているのを日本語に訳した風を狙ったんですかね?
特にジャムカは、少年時代も大人になっても、すごい棒読みだったので、ああ〜ちゃんと同一人物っぽいな〜と感心しました。

何の説明もなく放置されたままのエピソードが多い。
ホエルンは自分を略奪して妻にしたイェスゲイ・バートルを「許さない・・・!」と胸に秘めていたような気がするが、いつの間にかいいお母さんになっていた。
テムジンの掌にあった赤いアザには、いったいどういう意味が?
ジュチは女だ男だと言い争っていたわりに、あっさり男だとバレても殺されない。
テムジンはジュチを「俺の目に触れさせるな!」とか怒鳴っていたと思ったら、次の瞬間には、成長したジュチが部屋に座っている。

部族間の闘争についても、釈然としないところが多いのだよ・・・。
イェスゲイ・バートル亡き後に跡目を奪ったタイチュウト氏族とはどうなった?
ボルテの実家のオンギラト族は何をしてたんだ?
ジャムカはボルテと幼なじみだというから、てっきり同じ族なのだと思っていたが、いつの間にジャラダン氏族の長に?
テムジンたちはもう駄目だという感じで敗走してたのに、いきなり勢いよく反撃したのは何だったんだ?
ジャムカやトオリルと争った結果、モンゴル統一が達成されたということになったので、なんだかモンゴルって意外と広くなかったのかな〜という印象です。
エキストラ27000人という即位式のシーンは圧巻だが、あの人らはどこから出てきたどういう人たちで、なんでテムジンを歓迎してるの?

戦闘の仕方も、正面から力まかせに攻め入るばかりだから、つまんない。
テムジン軍が勝っていった理由が全然分からん。
ジャムカとの戦闘シーンでは、草原を多くの馬が駆け、人と馬が入り乱れて戦うので、おお〜けっこう迫力あるじゃんと思ったが、その後のジャムカ&トオリル軍との戦いでも再び同じような描写が繰り返されたのでガックリきた。
せっかくいい背景と、たくさんの人と馬を使えたんだから、もっと効果的な演出や撮影法があっただろうにと思うともったいない。

それから、女性の映し方があまりきれいじゃなかったと思う。
ボルテ(菊川怜)はかぶりもののおかげで、丸い顔だな〜としか印象に残らなかった。
クランの「昼は兵士、夜は女」・・・っていったい・・・ここは笑うところですね?
皆が戦場で泥まみれのときもクランだけはつるんときれいな無表情で出てくるので失笑・・・兵士と言うわりには戦ってたように見えないし。

だいたい、「モンゴルの女の悲しみを終わらせる」だとか「戦いを終わらせるための戦い」だとか、中途半端に現代的な思想が盛り込まれているのが萎える。
製作にはモンゴルも関わっていたみたいだけど、映画の内容にどのくらいモンゴルの人の意向が入っているのか気になる。
モンゴルの人はこれ観て満足するのかなー?

蒼き狼 地果て海尽きるまで
(2006年 日本/モンゴル)
監督/澤井信一郎
原作/森村誠一
出演/反町隆史(テムジン/チンギス・ハーン)
   菊川怜(ボルテ)
   若村麻由美(ホエルン)
   袴田吉彦(ハサル)
   松山ケンイチ(ジュチ)
   Ara(クラン)
   野村祐人(ボオルチュ)
   平山祐介(ジャムカ)
   池松壮亮(少年時代のテムジン)
   保阪尚希(イェスゲイ・バートル)
   榎木孝明(デイ・セチェン)
   津川雅彦(ケクチュ)
   松方弘樹(トオリル・カン)
公式サイト

| | コメント (4) | トラックバック (3)