ショーガ

お気に入り度 ★★☆☆☆

こんな話

トルストイの『アンナ・カレーニナ』を現代のカザフスタンを舞台にして翻案。弟夫婦のもめごとを相談され、首都アスタナから故郷のアルマティを訪れた人妻ショーガ。裕福な家の息子アルバイは、アルティナイという恋人がいるにもかかわらず、ショーガをひとめ見て恋に落ちる。

思ったこと

ショーガって生姜のことじゃないよ、女の人の名前だよ。

じっと動きが少ない人物を、カメラがじっととらえるという映像が続くので、眠くなった。
登場人物たちは分かりやすい表情や演技をせず、言葉による説明も少ないので、感情の動きがいまいち伝わってこない。
これはリアリズムってやつ?
ショーガって常に仏頂面だな〜という印象を持ってしまった。
いつアルバイを好きになって、どのように絶望を感じたのか?
同じ日の出来事かとばかり思っていたら、いつの間にか1カ月経ってたなんてこともあり、時間や出来事の経過も判然としない。
元が『アンナ・カレーニナ』だと知ってたから、だいたいこういう風に話が進むんだろ〜とは予測がついたものの・・・。

アルティナイの誕生日、大学で鉢合わせした恋敵のアルバイとトレゲン。
陰気な顔つきで貧相な花束を手にしたトレゲンは、堂々としたアルバイに最初から勝ち目なしって感じ。
余裕の態度で「一緒に来ないか?」と誘うアルバイは、断るトレゲンに「映画の話をしたかった。ハリウッドとかでなく、本当の映画の話を・・・」というようなことを言って、アルティナイと共に去っていく。
これは監督の意思表明? この映画はアンチハリウッドの思想で作られていると言いたいのかな。
でも、でも、こんな退屈しちゃうなら、私は分かりやすく盛り上がれる娯楽作でいいや〜!と、思ってしまったことだよ。

カザフスタンのことはよく知らないので、いろいろ興味深い。
砂漠や草原の国というイメージだったが、都市部は町並みも服装もグローバルスタンダードといった感じで、特に目新しいものはないな・・・。
金持ちのボンボンであるアルバイの部屋は西洋風でしゃれているし。
壁にかかっているのは薄型TVだ。
このTVにね、カタツムリがべったりからみあっている映像が流れるときがあってね・・・これはベッドシーンの暗喩? ちょっと気持ち悪くてのけぞってしまったんだけど〜!

アルティナイ、アルバイ、トレゲンの3人は、日本人にもいそうな外見。
ショーガはやや南方系かな・・・。
他に白人もいたし、多人種の国なんだね。

ショーガ
Chouga

(2007年 カザフスタン)
監督/ダルジャン・オミルバエフ
出演/アイヌール・トゥールガンバエヴァ(ショーガ)
   アイドス・サガトフ(アルバイ)
   アイヌール・サパルガリ(アルティナイ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンゴル

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

モンゴル遊牧部族のハーンの息子として生まれたテムジン(後のチンギス・ハーン)は、父イェスゲイを毒殺され、仲間や財産を奪っていったタルグタイには命を狙われ、妻ボルテはメルキト族にさらわれ、西夏国で奴隷として囚われる・・・と数々の辛酸をなめる。しかし何度でも立ち上がり力をつけたテムジンと、幼い頃からの盟友(アンダ)ジャムカが決着をつける日がやってきた。

思ったこと

浅野忠信はすんごいモンゴルの人みたいだった!
モンゴル語の発音が正しいのかどうか分かりようもないが、違和感なく同化しているように見える。
幽閉されているときの、能面のように無表情で鬼気迫る顔、土壁みたいな皮膚が記憶に焼きついた!
このパートは監督の創作だそうで、当然見たことも聞いたこともないテムジンの状況に、え?どうなるの?と、ちょっととまどいつつもわくわくしたよ。
しかし、『蒼き狼 地果て海尽きるまで』といい、自国の英雄を日本人に演じられてしまうのって、モンゴルの人たちにとってどうなんだろう・・・?

ストーリーはスピーディーに展開しダイジェスト的にさくさくと進むが、迫力のある風景や撮影のおかげで、物足りなさを感じさせない。
広大な草原に砂漠、巨大な岩、どこまでも広がる空・・・。
ロケはモンゴルだけでなく、カザフスタン、中国の内モンゴル自治区、新疆ウイグル自治区などで行われたらしい。
いつかきっと行ってみたいな。

物語は、少年テムジンが父イェスゲイとともに嫁探しに行くところから始まる。
モンゴル族における良い妻を選ぶポイントとは「顔が平らで、目が細く、足が丈夫であること」なんだって。
うん、なんだか私でもいけそうな気がしてきたぞ・・・。
「ひとめで妻と分かった」だなんて、お・と・こ・ま・え〜!
キュンときてしまったよ! 9才のまん丸顔の少年に。

テムジンは、よっぽどボルテのことが好きだったんだね〜。
なんか常にボルテのことを考えている。
すべてを奪われ命まで狙われてても、考えていることは「嫁を迎えに行かなきゃ」だし。
さらわれたボルテを取り返すため、盟友ジャムカに「モンゴル人は女のために戦などしない」とか言われつつも、強引に嫁奪還の協力をとりつけるし。
牢の中から告げる言葉も「これを・・・ボルテに渡してくれ・・・」。
大人になったボルテの容貌は、ディズニー映画『ムーラン』を思い出させた・・・んーエキゾティック。
メルキト族にさらわれている間に生まれた子供ふたりを見て、「今日から俺が父だ」と躊躇無く告げるテムジン、ふところ深〜!
9才と10才で出会い、身ひとつの貧乏になっても、殺されそうになっても、異部族や異国に囚われても、とにかく互いを求め続けるテムジンとボルテ。
シンプルな気持ちだからこそ強いのか・・・その一途さがうらやましい。
しかしテムジンはこの後何人もの妻をめとるはずだが・・・。

ジャムカとの決戦は、スペクタクル的に盛り上がった!
二刀流の騎馬武者たち、悪役っぽい黒い鎧で容赦なく突進する・・・カッコイー!
弓矢隊がずらっと姿を見せたところにも興奮!
ごく間近な視点から撮っているため何がどうなっているのか分かりにくいときも多いが、その血なまぐささと混乱が戦の迫力を増す。
でもねでもね、身ひとつだったテムジンがいったいどうやってこれだけの軍団を集めることができたの〜??
その部分は省略してはいけなかったんじゃ・・・。

モンゴル
Mongol

(2007年 ドイツ/ロシア/カザフスタン/モンゴル)
監督・脚本/セルゲイ・ボドロフ
出演/浅野忠信(テムジン)
   スン・ホンレイ(ジャムカ)
   クーラン・チュラン(ボルテ)
   アマデュ・ママダコフ(タルグタイ)
   バー・セン(イェスゲイ)
   アリヤ(ホエルン)
   オドニャム・オドスレン(少年時代のテムジン)
   バエルトセッセグ・エルデンバット(少女時代のボルテ)
   アマボルド・チェムシンバラール(少年時代のジャムカ)
公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)