浮き雲

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

路面電車の運転手だったがリストラのため解雇されてしまったラウリ。名門レストラン「ドゥブロブニク」の給仕長を務めていたが、レストランが閉店してしまったイロナ。夫婦そろって同時期に失業してしまい、新しい仕事を探すもののなかなかうまくいかない。

思ったこと

Ukigumo01フィンランドといえばサンタクロースとムーミンが住むおとぎの国♡・・・程度のイメージしかもってなかったのだが・・・せ、世知辛ぇ〜!
なんせ“敗者3部作”の1作目だそうですから。
当時のフィンランドの失業率は22%で、国民を励ます意図もあって作られた映画だとのこと。
主人公夫婦が不運続きの目に遭って、重苦しい空気に満ちているのかと思いきや、わりとそうでもないところがおもしろい。

愛想というものに縁がなさそうなイロナ&ラウリ。
だけど、どんな困った状況に陥ってても、互いを責めたり、苛々をぶつけたりしない。
こんなふうにさりげなく支え合えられるのなら、夫婦もいいなぁと思う。
「新しい仕事が決まった」と素朴な花束を手に帰ってくるラウリってばラブリー♡
しかし、失業手当をもらうのはプライドが許さない・・・そんな価値観があるのか!
日本だったらさっさともらいに行くよね〜?

インテリアやファッションは質素だけれど、きれいな色がふんだんに使われているのが目に楽しい。
フィンランドってこういう感じなのかな。
夫婦のキッチンは、空色の壁に、赤いケトルや赤いブレッドケースが映える。
イロナが着ている赤いコートに、長めの緑色マフラーも素敵!

イロナは40代かと思っていたら、途中で38歳ということが分かる。
ちょっと老けて見えるわね・・・。
しかも面接先で「年をとりすぎている。いつ死ぬか分からない」とまで言われてしまう。
ひ、ひでー。
そして「あなたこそ」と言い返し、ぷはーと煙草を吸うイロナ。
おわっ、ぶ、文化違うなー。

アル中シェフのラユネンが出てくるシーンは、すべて笑える。
あまりのダメっぷりに、新レストラン計画にあたって私だったらラユネンには声かけないな〜悪いけど、などと考えていたら、浮浪者状態のラユネンをちゃんと拾って更正させてた。
無骨な顔つきだけど、あったかい人たちなのね。
ラユネン、これで立ち直ってくれればいいが・・・。

私も普段しょっちゅう、仕事が行き詰まっているときなどに、レストランやカフェを開店する妄想をしているので、イロナたちが集まって新しいレストランの計画を実現させていく過程にはワクワクした。
初日になかなか客が入ってこないときには、チラシ配ったらいいのにとか、オープン記念で割引とかプチギフトとか用意しておいたらどうかとか、誰もいないレストランは入りにくいからとにかく友達をサクラに呼ぼうとか、物欲しげな顔でずらりと並ぶのはやめたほうがいいんじゃないかとか、かなりスタッフの一員気分で考えちゃったよ。

映画の冒頭で「ドゥブロブニク」に流れていたのはちょっともの悲しいメロディで、レストランの行く末を暗示しているようだった。
ラストで夫婦が飼い犬を抱いて空を見上げるシーンで聞こえてくるのは、恋が始まるウキウキした気分の歌。
みんな、頑張って生きていこうね!と言いたくなる気持ち。

浮き雲
Kauas Pilvet Karkaavat/Drifting Clouds

(1996年 フィンランド)
監督・脚本/アキ・カウリスマキ
出演/カティ・オウティネン(イロナ・コポネン)
   カリ・ヴァーナネン(ラウリ・コポネン)
   エリナ・サロ(ヒョホルム)
   サカリ・クオスマネン(メラルティン)
   マルック・ペルトラ(ラユネン)
   マッティ・オニスマ(フォルストロム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘイフラワーとキルトシュー

お気に入り度 ★★★★★

こんな話

もうすぐ小学生になる優しいヘイフラワーと、怪獣のようにワガママなキルトシューは仲良し姉妹。ジャガイモの研究に余念のないパパ、家事が苦手なママと楽しく暮らしている。しかし、家族オリンピックをきっかけに、ヘイフラワーはいい子でいるのをやめてしまった。心配した隣人のアリブレニン姉妹がパン生地セラピーを提案する。

思ったこと

Hayflower01_1何から何までサイコーにカワイイ!
ふたりの美少女が笑い動き回る様を眺めるだけでも、この映画を観る価値があるが、周囲の大人たちのファッション、カラフルでポップなインテリアなど、片時も目が離せない。
フィンランドって、こんなにカワイイところなの・・・!?

とにかくヘイフラワーがいい子過ぎる。
ワガママ放題のキルトシューが何をやっても、にこにこ優しく見守る姉のかがみ。
私にも弟妹がいるけど、子供のときは特にジコチューで全然姉らしくできなかったので、ヘイフラワーの忍耐を見ていると胸が痛むわ。
Hayflower02_4キルトシューはすこぶるカワイイのだが、実際にそばにいたら、手をやくだろうなー。
これって本当に演技?というくらい、ナチュラルなやんちゃぶり。
寝ているときは天使みたいなんだけど・・・。
研究のことしか頭にないパパや、家にいるのが辛くて仕事に出たいママも、まるで子供みたいなもんだから、小さなヘイフラワーに心配されている。
ヘイフラワーがちょっとグレちゃったのも当然!

しかし、ママが「仕事を見つけたいけど、家にいて良いママにならなきゃいけないのかしら」と悩んでいるのはちょっと意外だった。
北欧の国では、女性も外で働くのが当たり前というイメージを持っていたので。
私としては、趣味に生き、家を華やかに飾りたて、たまに隣家のカワイイ子供たちを預かって世話する、アリブレニン姉妹のようになりたいなー。

ママやアリブレニン姉妹のファッションは、年齢や体型を気にせず、自分の好きなものを着ています!という感じでステキ。
ママのツインテールも、アリブレニン姉妹の大きすぎるお尻も、すべてがステキ。
子供みたいだったり、派手派手だったり、装飾過剰だったりするんだけど、物語の世界全体と調和している。
実際に真似・・・したら痛い目みるんだろうな・・・。
自分の部屋のシンプルさがつまらなく思えてきたので、インテリアだけでも真似したいものだ。

ところで、ヘイフラワーとキルトシューというのは英語名で、実際にはヘイナハットゥとヴィルッティトッスと呼ばれていた。
“麦わら帽子”ちゃんと、“フェルトの靴下”ちゃんね。
関係ないけど、ミッフィーは、原作のオランダ語ではナインチェ。
スナフキンは、原作のスウェーデン語ではスヌス・ムムリク。
私たちって、気付いてない間に英語に毒されて(?)いるんだなぁ・・・。

ヘイフラワーとキルトシュー
Heinahattu ja Vilttitossu/Hayflower & Quiltshoe

(2002年 フィンランド)
監督/カイサ・ラスティモ
出演/カトリーナ・タヴィ(ヘイフラワー)
   ティルダ・キアンレト(キルトシュー)
   ミンナ・スーロネン(ママ)
   アンティ・ヴィルマヴィルタ(パパ)
   メルヤ・ラリヴァーラ(ヘルガ・アリブレニン)
   パイヴィ・アコンペルト(ハリセ・アリブレニン)
   ヘイキ・サンカリ(ポッチャリ警官)
   ロベルト・エンケル(メガネ警官)

| | コメント (4) | トラックバック (1)