ドゥーニャとデイジー

お気に入り度 ★★★☆☆

こんな話

アムステルダムに住むモロッコ人のドゥーニャと、自由奔放なオランダ人のデイジーは、性格はまったく違うけど親友同士。ドゥーニャは親の決めた結婚相手と会うためにモロッコへ旅立ち、そこに実の父親を探すデイジーもやってきて・・・。

思ったこと

いかにも女の子という感じのデコラティブな小物やモチーフを映すオープニングクレジット、かわいい!
これ、元はオランダで人気のTVドラマだったんだね。
どこの国でも女の子って変わらない・・・という部分と、やっぱり日本とは違う民族とか宗教とかの事情がないまぜになって、テンポよくストーリーが進む。
 
ドゥーニャ役の子はめちゃくちゃかわいいな!
いつも何か思いにふけっているようなまなざし、はにかんだ微笑みが印象に残る。
18才の誕生日に親戚がたくさん集まって、結婚相手も相談で決められてしまい、とまどいを告げると母親に「あなたは誰!? こんな子は私の娘ではない」と責められる(きっつ~!)。
ドゥーニャが旅の果てに目にした、世界遺産にも登録されているというアイト・ベン・ハッドゥの光景はとても美しかった!
これは誕生日プレゼントにもらってビミョーな気持ちになっていたジグソーパズルのモチーフ。
自分のルーツの価値に気づくということは、自分の尊厳をも改めて大事にできるということ。
親の言うとおりの伝統的な生き方はできないかもしれないけど、ドゥーニャの中にはモロッコ人であることがしっかり刻まれていくのだろう。

対するデイジーも美人だし、すごくスタイルいいけど、ちょっとこれ見よがし。
手のつけられない自由奔放な性格だしな〜。
ムスリムの国でも平気で露出過多の格好で歩き回って顰蹙なんだが、旅の途中で、トラックの運転手とドゥーニャが祈りを捧げているとき、後ろのほうで一緒になって小っちゃく祈っているところがかわいい、憎めない。
18歳ってもう大人のような顔をしてるけど、「私を生んで良かった」と親に言ってもらうことが重要な、まだまだ子供の気持ちをもっているんだな〜ということがなんか新鮮だった。
そういうのってすごく昔に通り過ぎてしまったので、すっかり忘れていたよ・・・。

ドゥーニャの婚約者ナビルが登場した途端、思わず吹き出してしまったんだけど、同様に笑っていた女性観客がちらほら。
人を見た目で判断しちゃいけないんだけど〜(笑)。
ここが笑うシーンだということは、世界共通なんでしょうか。

ドゥーニャとデイジー
Dunya & Desie

(2008年 オランダ/ベルギー)
監督/ダナ・ネクスタン
出演/マリアム・ハッソーニ(ドゥーニャ)
   エヴァ・ヴァンダー・ウェイデーヴァン(デイジー)
   クリスティン・バン・ストラーレン(デイジーの母)
   テーオ・マーセン(ジェフ)
   ラチダ・イアッララ(ドゥーニャの母)
   イリアス・アダップ(ドゥーニャの弟)
公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラックブック

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

1944年、ナチス・ドイツ占領下のオランダに隠れ住むユダヤ人のラヘルは、家族とともに南部へ逃げようとするが、見つかって皆が殺されるなか一人だけ生き延びた。レジスタンス組織に身を寄せたラヘルは金髪に染め、エリスと名前を変えて、ドイツ軍将校ムンツェに近づいてスパイ活動を行うが・・・。

思ったこと

つらい気持ちになるのに、戦争映画を観る意義ってなんだろう。
戦争について詳しく知るためなら本を読むほうがいいし、ストーリー自体のおもしろさを楽しんでしまうことに一抹の違和感を覚えるのに。
考えたのは、映画という感情移入のしやすいメディアで、自分がその立場におかれたときにどう行動できるかという想像力の訓練になるのかなぁ、と。
あくまで私にとってということですが。
自分が迫害されたらどう行動できるか、信頼すべき人を見分けられるか、家族を殺されたときに復讐の鬼にならないでいられるか、拷問を受けて仲間を売らないでいられるか、自分が迫害する側に属しているときに何ができるか、後悔しない正しい道をちゃんと選べるか・・・。

Blackbook01この映画は脚本が上手く作り込まれている。
美人のヒロインがあれよあれよと運命に翻弄される姿を追っていくうちに引き込まれ、完全にストーリーの掌の中で転がされてしまった感じ。
そのときどきの状況で信頼できる相手が変わっていき、緊張感が途切れない。
疑わしいと思っていた人が真実を残し、頼れると思っていた人に裏切られる。
序盤で公証人スマールが「ラヘル、簡単に人のことを信じてはいけないよ」と言うが、後から思い返すと重い言葉だな〜(そして、その重さの質が、私の中で2度変わった)。
ナチスの非道はじっくり描かれるわけだが、それにも増して、解放後にナチ協力者を吊し上げるオランダ市民の醜悪な姿が衝撃的だ。

ドイツ軍将校のムンツェに対して最初は嫌悪感たっぷりで、「このスケベオヤジがぁっ!」「ガッツリたらし込んで利用させてもらうわっ」などと思っていたのが、いつの間にやら情が移り・・・。
家族の話を聞いてしまったのがヤバかったな。
ナチの人間だって、肉親を失う苦しみは同じ・・・。
復讐に復讐を重ねていったら泥沼しかないということが分かっていても、許すことのできないものもある。
でも、許すことで次の段階に進めることもある・・・。
辛すぎる体験をしてきたラヘルだけど、人を愛することを忘れない、芯が強く生命力のある女性でした。

ちょっと気になったこと。
ラヘルはユダヤ人であることを隠すために金髪に染めてるんだけど、伸びてきてバレないのか?
バタバタして余裕がなさそうなときも、いつもきれいな金髪・・・。
映画だからまあいいんだけど、実際にそういう状況だった人は大変だったろうな〜と思ったことでした。

ところで、オランダの女性ってトップレスがフツーで、ビキニの下だけ売れたりすると聞いたことがある(ミッフィーちゃんも海ではパンツだけだね!)。
なんで急にそんなこと思い出したかというと、ハダカに抵抗が少ないのかな〜とびっくりしたシーンがふたつ。
ラヘルが下の毛を金髪に染めているところに平然と入ってくるハンス、「見ないでよ」と平然と言うラヘル・・・。
同じ部屋で平気でトイレを使うロニーとラヘル、そこに全裸で入ってくるフランケン・・・。
もちろん隠すときは隠すし、無理矢理ハダカにさせられるのは屈辱的行為なのだが、その境目がなんかビミョーに違うらしいと思った。

ブラックブック
Zwartboek/Blackbook

(2006年 オランダ/ドイツ/イギリス/ベルギー)
監督/ポール・バーホーベン
出演/カリス・ファン・ハウテン(ラヘル/エリス)
   セバスチャン・コッホ(ムンツェ)
   トム・ホフマン(ハンス・アッカーマン)
   ハリナ・ライン(ロニー)
   ワルデマー・コブス(フランケン)
   デレク・デ・リント(ヘルベン・カイパース)
   クリスチャン・ベルケル(カウトナー将軍)
   ドルフ・デ・フリース(スマール)
   ディアーナ・ドーベルマン(スマール夫人)
   ピーター・ブロック(ファン・ハイン)
   ミヒル・ホイスマン(ロブ)
   ロナルド・アームブラスト(ティム・カイパース)
   サンダー・ストラート(マールテン)
公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インビジブル・ウェーブ

お気に入り度 ★★★☆☆

こんな話

香港のレストランでコックとして働くキョウジは、ボスの妻セイコと不倫関係にある。キョウジはボスから命じられて彼女を殺害し、プーケットへと逃亡する船上で、赤ちゃんを連れた魅力的な女性ノイと親しくなった。

思ったこと

同じ監督・脚本・撮影・主演の前作『地球で最後のふたり』がかなり良かったので、期待して観に行った、けど、ちょっと不発だったね・・・。
前作で素晴らしいと思った、異国にいることの“リアル”、その感触は本作にもしっかり存在したのだけれども。
ノンネイティブ同士の英会話は、アメリカやイギリスの映画と違って完璧に聞きとれる。
あのボキャブラリー少なめで訥々とした喋り方、登場人物の演劇的ではないたたずまい、そして何が何だか分からないまま巻き込まれるトラブルが、自分が旅しているときの気分を強烈に想起させるんだよねー。
また、はっきりとした展開のない中を浮遊している感じ、脈絡のないエピソードは、悪い夢を見てるっぽいとも言える。
私はこういう気分をもっと欲しているんだけど、どうして日本映画では得られないんだろう?

例によって何の予習もせずに観始めたところ、話の流れがよく理解できなかった。
たぶんそういう作りの映画なんだろう、後半でいろいろ分かるのだろう・・・と思っていたのに、結局最後まで納得できないままの部分が多かった。
まず私は、殺人は誰の意図によるものなのだろう?それとも事故?ボスには隠してるのかな?キョウジはこういうことに慣れてる裏社会の人?プーケット行きは仕事の続き?でもその仕事の依頼者は誰?ということをずっと考えていたんだよね。
後半の成り行きにとまどいながら、観終わって映画解説とか監督インタビューに目を通したら、ストーリーが自明のことのように書いてあるじゃん。
そんなん、分かんなかったよ・・・。
あらすじとか事前に読んでないと把握できないのって、映画としては失敗だと思うのだけど(それとも私の理解力不足!?)。
そういうわけで、浅野忠信演じるキョウジの心情をおしはかることができず、謎の人にしか見えなかった。
ボスと対峙してても緊迫感ないし・・・(スープを放っておけないコックっぷりには笑っちゃったけど)。
それにしても、キョウジとノイの出会いにはどういう意味が?
まさか偶然ってことはないよねぇ〜。

浅野忠信の顔がアップで映された瞬間、少なからぬ衝撃が!
なぜなら、うちの叔父を彷彿とさせたから・・・。
ええ〜、浅野くんてもっとカッコよくなかったっけ〜? 生え際がぁ〜。
でも、胸から膝までを切り取ったように映したシーンが幾度かあり、身体の線にちょっぴり萌え♡
浅野忠信は、どんな映画に出ていても、本人素のままという雰囲気がある。
作品によっては「またか」って思ってしまうこともあるのだけど、今作では合ってたと思う。
「よちよち〜」みたいな感じで赤ちゃんに話しかける浅野くん、微笑ましい♡

頭に包帯を巻いた僧侶が後ろ姿で登場したとき、これって、この声って、『インファナル・アフェア』のサムおやじだ〜!!
と声だけで気付くなんて、私にしては珍しい。
と思って、エリック・ツァンの出演作をちょっと調べてみたら、『君さえいれば 金枝玉葉』『ラブソング』『不夜城』などけっこう観てるのに、全然覚えてなかったことが分かった・・・。

カン・ヘジョンの存在には期待したけど、この映画ではかわいいだけだったな〜。

カラオケ好きのリザードが着ていた、惑星柄のアロハシャツ、欲し〜。

インビジブル・ウェーブ
Invisible Waves

(2006年 タイ/オランダ/香港/韓国)
監督/ペンエーグ・ラッタナルアーン
脚本/プラープダー・ユン
撮影/クリストファー・ドイル
出演/浅野忠信(キョウジ)
   カン・ヘジョン(ノイ)
   エリック・ツァン(僧侶)
   光石研(リザード)
   トゥーン・ヒランヤサップ(ウィワット)
   久我朋乃(セイコ)
   マリア・コルデーロ(マリア)
公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)