« 一命 | トップページ | 光のほうへ »

ミケランジェロの暗号

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

1938年のウィーン。ユダヤ人画商のカウフマンは、400年前に盗まれたという幻のミケランジェロの絵を密かに所有していた。画商の息子ヴィクトルの親友ルディはナチス将校となり、絵の存在を密告する。絵をムッソリーニとの取引材料にしたいドイツは強制的に手に入れるが、それは贋作だった。強制収容所に入れられていたヴィクトルから本物の在りかを聞き出そうとするが・・・。

思ったこと

不穏な空気が高まる第二次世界大戦前夜のヨーロッパ。
裕福なユダヤ人画商一家の運命、使用人の息子の思惑、三角関係、ミケランジェロの絵の行方・・・とスリリングでドラマティックな要素たっぷり。
親友同士だったヴィクトルとルディの関係が、戦争開始とともに、ユダヤ人とナチス将校となる。
なんだか手塚治虫の『アドルフに告ぐ』を思い出したよ〜。
あっちにも確かカウフマンって姓が出てきたよね?

ストーリーはとてもテンポよく進んでわかりやすいけど、サクサク展開しすぎてちょっと軽い感じかな。
案外コミカルなところも多いし・・・。
強制収容所の話には過敏な私だが、収容所での描写がほとんどなかったこと、ヴィクトルがあまりやつれて見えなかったことから、まったく重苦しい気持ちにならないで済んだ。
とはいえ、ヴィクトルが父の死を聞くところではその気持ちに同調して涙がにじんだが、サクサクと次に進むので余韻がない。
気楽に見れていいといえばいいんだけど、ちょっと物足りない気がするなー。
大事なのではないかと思われる父の最期の言葉もうっかり聞き流してなんだったか忘れてしまった・・・あれがきっと後で効いてくるはず・・・と思っていたのにあれれ? 別段なくてもよかったんでは・・・?

ドイツとイタリアの代表が、ヒトラーとムッソリーニの会見について打ち合わせしていて、どっちが先に車を出るか、バックミュージックをつけるかどうかで言い争っているのが笑えた。
ヴィクトルとルディの入れ替わり劇もかなりコメディ調。
「ハイル・ヒットラー!」がだんだん板についてくるヴィクトル。
アーリア人とユダヤ人の違いといっても、しょせん制服次第でわからなくなる程度のもの・・・という風刺だよね。
恋人レナは最初見たとき、そんなにきれいな人じゃないなーと思ったんだけど、その後制服で出てきたらすごい似合っていてびっくり。
レナの再登場シーンはハラハラし、盛り上がった! そーこなくちゃ!

ミケランジェロの暗号
Mein Bester Feind/My Best Enemy

(2010年 オーストリア)
監督/ウォルフガング・ムルンベルガー
脚本・脚本/ポール・ヘンゲ
出演/モーリッツ・ブライプトロイ(ヴィクトル・カウフマン)
   ゲオルク・フリードリヒ(ルディ・スメカル)
   ウルズラ・シュトラウス(レナ)
   マルト・ケラー(ハンナ・カウフマン)
   ウド・ザメル(ヤーコプ・カウフマン)
公式サイト

|

« 一命 | トップページ | 光のほうへ »

オーストリア映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/44169259

この記事へのトラックバック一覧です: ミケランジェロの暗号:

« 一命 | トップページ | 光のほうへ »