« [リミット] | トップページ | キック・アス »

小さな村の小さなダンサー

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

中国山東省にある貧しい農家の6番目の子供として生まれたリー・ツンシンは、11才のときに選ばれて北京の舞踊学院に入学する。厳しいレッスンを乗り越えて、アメリカのヒューストン・バレエ団に招かれ、そこでも卓越した才能で喝采を浴びる。アメリカにとどまりたいと望むリー・ツンシンだが、中国国家はそれを認めず・・・。

思ったこと

実在のダンサーの話なので、主人公の少年が世界的に成功するというのは最初から分かっている。
なので、リー・ツンシンの才能が開花していくのがトントン拍子にも感じられるが、安心感を持ちながら見ていられるわぁ〜。
演じているのも本物のバレエダンサーなので、舞台のシーンはとっても見応えがある!
古典から中国共産党バレエ、コンテンポラリーとバラエティにも富んでいて楽しいし。

毛沢東の時代に生まれ育ったリー・ツンシンは、富裕層は“人民の敵”という教育を受けている。
生まれて初めて訪れた豊かなアメリカは、見るもの聞くもの、価値観をゆさぶった。
ベンに服などの身の回り品を用意してもらったとき、
「私の父は必死に働いて月に5ドルを稼ぐ。でもあなたは今日、1日で500ドル使った!」
と怒りをぶつけるのが胸をつく。
政治的思想がからんでなかったとしても、世の中の矛盾をひしひしと感じさせる事実だよね・・・。
辞書を見ながら一生懸命英語を学び、華やかな人々や暮らしにとまどう様子は、なんだか自分が田舎から東京に出てきたときの気分を思い起こさせて、心がぐらぐらするよ・・・。

北京舞踊学院時代は、細くて力の弱い少年時代のリー・ツンシンが恩師に学び努力していくスポ根ものとして楽しい。
チェン先生が「昔々、力の弱い射手が毎日丸太を運んで・・・」と話してくれたのは、比喩だよね、まさかね・・・と思っていたら、バレリーノ養成ギプスが登場した!(ギプスじゃないけど)

しかし、リー・ツンシンはバレエだけでなく女関係でも凄腕だった。
北京舞踊学院での同級生の女の子は透明感があってかわいかったのに、リー・ツンシンが頭角を表していくうちにフェイドアウトしてしまって残念。
ヒューストン・バレエ団でのサマースクール参加は3カ月と短期間だが、早々とかけだしダンサーのエリザベスと出会う。
すごく初々しい感じでデートしてるのに、けっこうすぐにキスまで進展。
傑作なのはエリザベスとのラブシーンだ。
「ヴァージンって何??」「ワン、トゥー、スリー・・・シックス?」「子供が欲しいの?」
おいー(笑)! 本当は分かって言ってんじゃねーのか、リー・ツンシン!
芸に秀でていて、いい身体をしてて、幼さを残す顔もかわいくて、たどたどしい英語を一生懸命しゃべる様子はさぞや魅力的だったんでしょうねー。
別に気持ちを疑うわけじゃないけど、最終的にプリンシパルのメアリーと結婚しているとは、見事なステップアップですよね・・・。

両親との再会は、ベタではあるものの、涙なくしては見られない。
本物の再会シーンを見ているようであったなぁ。
ところで公式サイトに載ってたリー・ツンシンのバイオグラフィーを見たら、私と誕生日が同じだった!(だから何だという話ですが・・・)

小さな村の小さなダンサー
Mao's Last Dancer

(2009年 オーストラリア)
監督/ブルース・ベレスフォード
原作/リー・ツンシン
出演/ツァオ・チー(リー・ツンシン)
   グオ・チャンウ(青年時代のリー・ツンシン)
   ホアン・ウェンビン(少年時代のリー・ツンシン)
   ブルース・グリーンウッド(ベン・スティーブンソン)
   アマンダ・シュル(エリザベス)
   カイル・マクラクラン(フォスター弁護士)
   ジョアン・チェン(リー・ツンシンの母)
公式サイト

|

« [リミット] | トップページ | キック・アス »

オーストラリア映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/41276917

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな村の小さなダンサー:

« [リミット] | トップページ | キック・アス »