« 瞳の奥の秘密 | トップページ | [リミット] »

やさしい嘘と贈り物

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

孤独な日々を過ごす老人ロバートは、向かいに越してきた老女メアリーと出会って毎日一緒に過ごすうちに、人生の喜びを感じ始める。しかし毎晩悪夢にさいなまれ・・・。

思ったこと

背中を丸くかがめ、どんよりとしたまなざしの、深く刻まれたしわに人生の辛さをにじませたような老人ロバートは、勤め先のスーパーに座って絵を描いたりしてるから、てっきりリストラ対象なんではないかと思って心配した。
若いマイクとの共同経営者だった(ホッ)。
そのロバートを、商品棚の陰から見つめるメアリー。
年をとっていても天真爛漫系でキュートな、明るい雰囲気の女性だ。
向かいに越してきたばっかりで、ロバートに積極的に近づき、デートに誘う。
そのときのロバートの表情の変化がいい。
生き生きと起床して、同僚たちにデートの秘訣を聞きまくる。
おじいちゃん、かわいい〜♡

しかし、あまりにうまく行き過ぎだし、ロバートが毎朝うなされながら起きるモヤモヤとした悪夢がイヤな感じだし、カレンダーにつける×印も気になる。
ロバートは騙されているのか、どんな裏があるのか、タイトルにある“嘘”とはなんなのか(でも“やさしい”んだろうから大丈夫かな〜と)気がもめつつも、幸せそうなふたりのラブストーリーを見つめ続ける。
メアリーの娘アレックスや、なぜか共同経営者のマイクも一緒になって、並んでご飯を食べる幸せの構図。

そして、クリスマスイブのパーティで、「ああ、こういうことかも・・・」と予想がついた。
そうなると、不自然に思えたアレックスやマイクの言動もしっくり収まってくる。
分かっていつつも、ロバートが真相に気づくシーンでは涙が流れた。
うわ〜ん、つらいね・・・。

デートでそり遊びをした日、木陰に立って「自然って美しい」と涙をこぼすメアリー。
へ〜感受性豊かな人なんだな〜とばかり思っていたが、あの涙には別の意味も込められていたのね・・・。
ふたりで眺める夜の聖歌隊の光景も美しい!

後で公式サイトや映画サイトのあらすじ見たら、思いっきりネタバレしてますけども〜。
いいの、それ!?
私は知らないまま観れてラッキーだったな〜。

やさしい嘘と贈り物
Lovely, Still

(2009年 アメリカ)
監督・脚本/ニック・ファクラー
出演/マーティン・ランドー(ロバート)
   エレン・バースティン(メアリー)
   エリザベス・バンクス(アレックス)
   アダム・スコット(マイク)
公式サイト

|

« 瞳の奥の秘密 | トップページ | [リミット] »

アメリカ映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/38177617

この記事へのトラックバック一覧です: やさしい嘘と贈り物:

« 瞳の奥の秘密 | トップページ | [リミット] »