« ザ・ウォーカー | トップページ | 借りぐらしのアリエッティ »

ぼくのエリ 200歳の少女

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

12才の少年オスカーは学校でいじめられて鬱屈した毎日を送っていたが、隣の部屋に越してきた謎めいた少女エリと心を通わせるようになる。その頃、ストックホルムでは陰惨な殺人事件が起こり始めていた・・・。

思ったこと

「きみもおいでよ。ひとりではさみしすぎる・・・」
これは『ポーの一族』だね!!
成長せずに永いときを過ごしていかねばならないヴァンパイアの孤独と、響き合うように惹かれていく人間の子供・・・。
どことなく野性味と老成した雰囲気を漂わせる少女エリが、エドガー。
金髪で線の細い少年オスカーははかなげで、でもちょっと虚勢を張ったりもして、いかにもアラン。
年季が入った萩尾望都ファンのツボをついてくるなー。

殺人とかいじめとか塩酸とかダークな場面もけっこうあるけど、しんしんと静かに雪が降り積もる北欧の景色の中では、すべてに美しさという紗がかかって見える。
映画の中ではエリが「200歳」とは特に言われていない・・・どっから出てきたタイトル?
それだけの長い時を経てきたとして、ずーっとスウェーデン内だけを見つからずに移動してきたのかな。
スウェーデンの面積は日本よりもちょっと大きいから・・・江戸時代の頃から日本中を転々としながら秘かに生きているヴァンパイアとかって想像してみるとありえるか・・・。

エリの保護者のようでありながらその実隷属している初老の男ハカン。
エリのために血を調達してくる役目のようだが、のさのさした動きで手際が悪くて、一回も成功しないんでやんの!
そんな調子で今までどうやってきたのか。
オスカーの行く末がハカンであるのかもって考えるとせつない。

ところで『ポーの一族』を読んだときも不思議だったんだけど、ヴァンパイアになると空も飛べるようになるんだろうか?
ルービックキューブも簡単にできるようになるんだろうか?
殺人現場や血より、壁を這い上ったりする人外な動きのほうが怖いよ!
プールのシーンは何が起こったのか見えるようで見えない匙加減が圧巻でした。

ぼくのエリ 200歳の少女
Lat den ratte komma in/Let the Right One In

(2008年 スウェーデン)
監督/トーマス・アルフレッドソン
原作/ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
出演/カーレ・ヘーデブラント(オスカー)
   リーナ・レアンデション(エリ)
   ペール・ラグナル(ハカン)
   ヘンリック・ダール(エリック)
   カーリン・ベリィクイスト(イヴォンヌ)
   ペーテル・カールベリ(ラッケ)
   イーカ・ノード(ヴィルギニア)
   ミカエル・ラーム(ヨッケ)
公式サイト

|

« ザ・ウォーカー | トップページ | 借りぐらしのアリエッティ »

スウェーデン映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/41641079

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくのエリ 200歳の少女:

« ザ・ウォーカー | トップページ | 借りぐらしのアリエッティ »