« 川のほとりのおもしろ荘 | トップページ | 抱擁のかけら »

アリス・イン・ワンダーランド

お気に入り度 ★★★☆☆

こんな話

幼い頃から不思議な夢を何度も見続ける19歳のアリス。貴族の息子ヘイミッシュから結婚を申し込まれたが困惑して逃げ出し、チョッキを着た白うさぎの後を追って深い穴の中に落ちてしまう。そこは不思議な生き物がたくさんいる世界で、アリスは「これは夢の中だ」と思いつつ、赤の女王の圧政を倒す救世主として巻き込まれていく。

思ったこと

単純なストーリーですな〜。
子供向けのディズニー映画だから?
予告編とかからある程度の察しはついていたけど、もうちょっと何か、おもしろいかと思った〜。
これってアリスの舞台設定を借りたRPGみたいな話だよね。
仲間が集まってきて、やることは予言の書で指示されていて、剣自体が戦ってくれる・・・という。

小さくなるドリンクを飲んだとき、みるみる縮んでドレスの中に埋まってしまったので、すわ裸か!?とドキドキした。
アリスの衣装は、マッドハッターが作ってくれたミニサイズのものと、赤の女王が用意してくれたビッグサイズのがかわいい。
衣装は身体と一緒に伸び縮みしたり、着られなくなったり、法則がわからない・・・。

従来から“きちがい帽子屋”として知られるキャラは、今作では“マッドハッター”。
そうね、近所の奥さんに「息子はきちがい帽子屋になりました」と言うと眉をひそめられそうだけど、「息子はマッドハッターになりました」と言うと、よくわからないけどおしゃれな仕事に就職したのね!おめでとう!という雰囲気になりますね。
でもジョニデ扮するマッドハッターは、化粧がすごいほかは、そんなにマッドじゃなかったな・・・。
むしろアリスとのラヴ展開も匂わせる、なんだかカッコいいめの人でした。
ファッターワッケンはおもしろかったので、もっとゆっくり見せてほしかった〜!
チャリチョコのウンパルンパみたいに集団で踊るとかのサービス精神がほしかったよ!

トランプの兵隊たちのデザインは良かった!
なんだかゴキブリみたいで〜。
トランプ兵のドミノ倒しで、トランプタワーが崩れて大砲ドーン!は、私の中で最も盛り上がったシーン。

顔デカの赤の女王の暴君ぶりはなかなかの見物。
ヘレナ・ボナム=カーターもようやるわ。
デカ目のアン・ハサウェイの容姿は、メルヘンの世界の美しい女王役にぴったり。
いつでも腕を宙に浮かしてゆらゆら動かしているので、肩が凝らないのかな〜と心配になりました。

アリスは、不思議の国で出会った仲間たちに懐柔されて、赤の女王の圧政を倒す動きに巻き込まれるのだが、そんなに簡単に一方の政治陣営に組していいの〜?
マッドハッターやトウィードルたちや白の女王にうまく騙されている可能性もあるじゃん?と、大人としては思った。
白の女王もさー、自分は殺生したくないからって、他の世界から来たアリスにやらせるのってさー、どうなの?
達成感を感じて調子にのってしまわないか、アリスのこれからの人生が心配です。

そして、安定した結婚の道を拒否し、空想の世界と仕事に生きることにしたアリス・・・なんだ、私と一緒じゃん!

アリス・イン・ワンダーランド
Alice in Wonderland

(2010年 アメリカ)
監督/ティム・バートン
出演/ミア・ワシコウスカ(アリス)
   ジョニー・デップ(マッドハッター)
   ヘレナ・ボナム=カーター(赤の女王)
   アン・ハサウェイ(白の女王)
   クリスピン・グローヴァー(イロソヴィッチ・ステイン)
   レオ・ビル(ヘイミッシュ・アスコット)
   マット・ルーカス(トウィードルダム/トウィードルディー)
声/アラン・リックマン(アブソレム)
  マイケル・シーン(白うさぎ)
  スティーヴン・フライ(チェシャ猫)
  クリストファー・リー(ジャバウォッキー)
  ポール・ホワイトハウス(三月うさぎ)
  バーバラ・ウィンザー(ヤマネ)
公式サイト

|

« 川のほとりのおもしろ荘 | トップページ | 抱擁のかけら »

アメリカ映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/35387630

この記事へのトラックバック一覧です: アリス・イン・ワンダーランド:

« 川のほとりのおもしろ荘 | トップページ | 抱擁のかけら »