« ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 | トップページ | 武士道シックスティーン »

シャッター アイランド

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

凶悪な犯罪を犯した精神病者を収容するシャッターアイランド。患者の女性が謎の失踪をし、連邦保安官のテディと相棒チャックは捜査のために島を訪れる。しかし、医師も職員も患者も皆、何かを隠している・・・。

思ったこと

ディカプー映画を観るのは実に久しぶり・・・ちょっと確かめてみたら、前回は『仮面の男』だった!
なんと12年ぶり!!
『ロミオ+ジュリエット』まではほぼ全作観ていたのにね。
あの有名な『タイタニック』は観ていないけどね。
別に避けていたわけではないのだが、なんとなく観逃してしまっていたのだった。

久しぶりに見たディカプーは渋くなっていてびっくりよ!
大人になったんだね・・・。
線の細い美少年時代の印象ばかりが強かったけど(『バスケットボール・ダイアリーズ』の頃とか〜)、なんで顔があんな幅広くなっちゃったのだろ?
頭蓋骨が成長したの?
それとも単に太ったの??
太ったせいだとしたら、痩せたら細顔になるの???
しかし良い歳のとり方をしているといえるのではないでしょうか。
苦悩する表情が真に迫っていて目が離せなかった。
死んでしまった妻ドロレスのことを本当に愛していたんだな〜と切ない気持ちにさせられる。

謎が重要なストーリーということで、あまり細かいことは書けないのだけど・・・これから観る人は予備知識まったくなしのほうが楽しめると思います。
しかし一緒に観た友人は、最初の登場シーンで既に「これは・・・」と予想をつけたのだそう。
早過ぎ!!
私はかなり中盤、というよりほとんど最後まで信じていたというか、何も信じられないというか、別の可能性を考えていたよ!
何も見逃したり聞き逃したりしてはならぬ、と緊張感が続いてけっこうくたびれた。
上映前に「この映画のラストを決して話さないでください」とかなんとか注意書きが出るのだけど、こういうのって観客を身構えさせるから余計だと思う〜。
あと、音楽が大仰すぎるところもちょっとな〜という感じでした。

院長役のベン・キングズレーはさすがの存在感だね〜。
全編に持続する緊張感は、この人とディカプーの力だと思う。
ドロレス役のミシェル・ウィリアムズは特に美人だとは思わないんだけど、なんかいたいけな感じが情を呼ぶ。

シャッター アイランド
Shutter Island

(2009年 アメリカ)
監督/マーティン・スコセッシ
出演/レオナルド・ディカプリオ(テディ・ダニエルズ)
   マーク・ラファロ(チャック)
   ベン・キングズレー(ジョン・コーリー医師)
   ミシェル・ウィリアムズ(ドロレス)
   マックス・フォン・シドー(ジェレマイア・ネーリング医師)
   エミリー・モーティマー(レイチェル・ソランド)
   パトリシア・クラークソン(レイチェル・ソランド)
   ジャッキー・アール・ヘイリー(ジョージ・ノイス)
   イライアス・コティーズ(アンドリュー・レディス)
公式サイト

|

« ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 | トップページ | 武士道シックスティーン »

アメリカ映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/34699607

この記事へのトラックバック一覧です: シャッター アイランド:

« ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 | トップページ | 武士道シックスティーン »