« 南極料理人 | トップページ | レスラー »

ドゥーニャとデイジー

お気に入り度 ★★★☆☆

こんな話

アムステルダムに住むモロッコ人のドゥーニャと、自由奔放なオランダ人のデイジーは、性格はまったく違うけど親友同士。ドゥーニャは親の決めた結婚相手と会うためにモロッコへ旅立ち、そこに実の父親を探すデイジーもやってきて・・・。

思ったこと

いかにも女の子という感じのデコラティブな小物やモチーフを映すオープニングクレジット、かわいい!
これ、元はオランダで人気のTVドラマだったんだね。
どこの国でも女の子って変わらない・・・という部分と、やっぱり日本とは違う民族とか宗教とかの事情がないまぜになって、テンポよくストーリーが進む。
 
ドゥーニャ役の子はめちゃくちゃかわいいな!
いつも何か思いにふけっているようなまなざし、はにかんだ微笑みが印象に残る。
18才の誕生日に親戚がたくさん集まって、結婚相手も相談で決められてしまい、とまどいを告げると母親に「あなたは誰!? こんな子は私の娘ではない」と責められる(きっつ~!)。
ドゥーニャが旅の果てに目にした、世界遺産にも登録されているというアイト・ベン・ハッドゥの光景はとても美しかった!
これは誕生日プレゼントにもらってビミョーな気持ちになっていたジグソーパズルのモチーフ。
自分のルーツの価値に気づくということは、自分の尊厳をも改めて大事にできるということ。
親の言うとおりの伝統的な生き方はできないかもしれないけど、ドゥーニャの中にはモロッコ人であることがしっかり刻まれていくのだろう。

対するデイジーも美人だし、すごくスタイルいいけど、ちょっとこれ見よがし。
手のつけられない自由奔放な性格だしな〜。
ムスリムの国でも平気で露出過多の格好で歩き回って顰蹙なんだが、旅の途中で、トラックの運転手とドゥーニャが祈りを捧げているとき、後ろのほうで一緒になって小っちゃく祈っているところがかわいい、憎めない。
18歳ってもう大人のような顔をしてるけど、「私を生んで良かった」と親に言ってもらうことが重要な、まだまだ子供の気持ちをもっているんだな〜ということがなんか新鮮だった。
そういうのってすごく昔に通り過ぎてしまったので、すっかり忘れていたよ・・・。

ドゥーニャの婚約者ナビルが登場した途端、思わず吹き出してしまったんだけど、同様に笑っていた女性観客がちらほら。
人を見た目で判断しちゃいけないんだけど〜(笑)。
ここが笑うシーンだということは、世界共通なんでしょうか。

ドゥーニャとデイジー
Dunya & Desie

(2008年 オランダ/ベルギー)
監督/ダナ・ネクスタン
出演/マリアム・ハッソーニ(ドゥーニャ)
   エヴァ・ヴァンダー・ウェイデーヴァン(デイジー)
   クリスティン・バン・ストラーレン(デイジーの母)
   テーオ・マーセン(ジェフ)
   ラチダ・イアッララ(ドゥーニャの母)
   イリアス・アダップ(ドゥーニャの弟)
公式サイト

|

« 南極料理人 | トップページ | レスラー »

オランダ映画」カテゴリの記事

ベルギー映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/34714823

この記事へのトラックバック一覧です: ドゥーニャとデイジー:

« 南極料理人 | トップページ | レスラー »