« エトワール | トップページ | 湖のほとりで »

パブリック・エネミーズ

お気に入り度 ★★☆☆☆

こんな話

1933年、大恐慌時代のアメリカ。銀行強盗ジョン・デリンジャーは、弱者からは金を奪わない鮮やかな手腕で大衆から人気を博していた。FBIは、デリンジャーを社会の敵“パブリック・エネミー・ナンバーワン”と定め、全力で追っていた。脱獄したデリンジャーはビリーという美女と出会い恋に落ちる。

思ったこと

私にはどうにも苦手な種類の映画がある。

大人の男たちがどんどんいっぱい出てくる。
  +
皆、黒っぽいスーツとか、特定しにくい服を着ている。
  +
印象に残りにくい名前、しかも断片的に呼ばれる。
  +
陰の多い暗っぽい映像。
  +
細かいカット割りでめまぐるしく変わる視点。
  ↓
登場人物が覚えられなくて、話についていくのがつらくなって、イライラもしくは眠くなってくる・・・。

こういうの、アメリカのクライムものに多い気がする~。
デリンジャーの仲間は、イヤな感じに目立っていたネルソンしか分かんなかった!
パーヴィス捜査官(眉毛黒々で同定)がダラスからものものしく呼び寄せた有能そうな男たちがその後何してたのかも分かんなかった!
皆さん、ちゃんと理解できるんでしょうか? すごいな〜。

あと銃撃戦もキライ〜。
生理的にイヤ〜な気持ちになんの。
しかしこんなに長々と銃撃戦が続くところを見ると、そういうのが好きな人も多いんだろうね〜きっと。

まあしかし、ジョニー・デップは掛け値なしにカッコいいですよ!
黒いスーツと帽子でキメて、仲間たちと銀行に颯爽と乗り込んでいくところなんか、カッコよく撮りすぎだろ〜。
「個人のお金は返す」とか「仲間は絶対見捨てない」とかのシーンがちゃんと作ってあって、カッコよく仕立てすぎ感にちょっとしらーっとしてしまう感じも・・・。
「誘拐は大衆にウケないからやらない」というセリフがあったけど、銀行強盗であることにヒロイックなスリルを感じていたのかしらん。
捕まったときの、群衆やマスコミに対しての余裕ある態度も、調子にのっているとしか思えないし〜。
しかしそんなデリンジャーのキャラクターも徐々に時代と合わなくなっていき、だんだん追い詰められていく様子には悲哀感が漂った。

デリンジャーとビリーの愛も重要なテーマであったのかもしれないけど、なんかちょこっと出会ってすぐさま「運命の愛!」的に描かれてもねぇ〜、そんなにかけがえのない存在だったのかという説得力がいまひとつ・・・。
酒場でナンパしたビリーに「外で待ってろ」と言ったのにいなくなっちゃったため、仕事場まで押しかけてきて「俺の女なんだから勝手に帰っちゃダメ!」。
ぷーーーーーっ(笑)。
これ、もし実際に言われたりなんかしたら絶対吹き出しちゃうわ〜、たとえジョニデ様がおっしゃろうとも・・・ハートは盗まれなかったな・・・残念ながら・・・。

ジョニデはウィリー・ウォンカやジャック・スパロウなどヘンな人役がおもしろすぎるので、普通の人間だと物足りなく感じてしまう今日この頃。
そういう意味で『アリス・イン・ワンダーランド』には期待しています!

パブリック・エネミーズ
Public Enemies

(2009年 アメリカ)
監督/マイケル・マン
出演/ジョニー・デップ(ジョン・デリンジャー)
   マリオン・コティヤール(ビリー・フレシェット)
   ジェイソン・クラーク(ジョン・“レッド”・ハミルトン)
   デヴィッド・ウェナム(ハリー・“ピート”・パーポイント)
   スティーヴン・ドーフ(ホーマー・ヴァン・メーター)
   スティーヴン・グレアム(ベイビーフェイス・ネルソン)
   ジェームズ・ルッソ(ウォルター・ディートリッヒ)
   ジョヴァンニ・リビシ(アルヴィン・カーピス)
   チャニング・テイタム(プリティボーイ・フロイド)
   クリスチャン・ベイル(メルヴィン・パーヴィス捜査官)
   ビリー・クラダップ(J・エドガー・フーバー長官)
   スティーヴン・ラング(チャールズ・ウィンステッド捜査官)
   リチャード・ショート(サム・カウリー捜査官)
   ショーン・ハトシー(ジョン・マダラ捜査官)
   ドン・フライ(クラレンス・ハート捜査官)
   ブランカ・カティク(アンナ・セージ)
   ポリー・ハミルトン(リーリー・ソビエスキー)
   エミリー・デ・レイヴィン(バーバラ・パツク)
   リリ・テイラー(リリアン・ホリー保安官)
公式サイト

|

« エトワール | トップページ | 湖のほとりで »

アメリカ映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/32825526

この記事へのトラックバック一覧です: パブリック・エネミーズ:

« エトワール | トップページ | 湖のほとりで »