« 少年メリケンサック | トップページ | 大洗にも星はふるなり »

イングロリアス・バスターズ

お気に入り度 ★★★☆☆

こんな話

第2次世界大戦、ナチス・ドイツ占領下のフランス。“ユダヤ・ハンター”ランダ大佐に家族を殺されたショシャナは一人生き延びて、パリで映画館主となる。一方、レイン中尉が率いるアメリカの秘密特殊部隊は、“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれてナチス兵に恐れられていた。

思ったこと

のどかに見えるフランスの農村、そこに乗りつけるナチス軍人の車。
ユダヤ人について尋ねるランダ大佐の静かな圧迫感。
朴訥な農夫の顔に浮かぶ震え。
美しい田園風景の中を走る血に濡れた少女。
タラ映画だということを思わず忘れてしまった、緊張感に満ちた重厚なオープニングだった。

“イングロリアス・バスターズ”の面々が出てくると急にポップな雰囲気になりますが〜。
あまりに楽しそうにナチスを殺していくので、「ナチスだって人間だ!」と逆にかばいたくなってしまった。
脅され殺されても仲間の居場所を教えなかったナチス将校。
私、拷問や脅しに屈しない人に弱いんだよね・・・(自分がそういう状況になったとき、仲間を売らずにいられるか自信がないからだと思う。そのことを考えるといつも不安にかられる。そんな機会が訪れないといいが・・・)。

息詰まるような緊迫感に満ちた居酒屋シーンも秀逸。
外国人のふりしてスパイになることの難しさを学んだ(間違ってもやってみようと思わないように気をつけよう・・・)。
女優ハマーシュマルクは何だったんだろう・・・きれいで目立つ人はスパイには向かないよな。

アメリカ映画には珍しく、フランスではフランス語がしゃべられ、ドイツではドイツ語がしゃべられる。
ブラピが「イタリア語は俺が一番できる」とイタリア人を装うシーンはギャグですよね。
しゃべる言葉は「ボンジョルノ」「グラッツェ」くらい・・・そんくらいなら私だって言えるっつーの(笑)
それを流暢なイタリア語でからかうランダ大佐のいやみたらしさ!
ドイツ語のなまりを云々するシーンもそうだけど、言葉に対するこだわりが感じられておもしろい。

バスターズの話とショシャナの話がそれぞれ同時進行し、最後にひとつになるのだが(まるで示し合わせていたかのように!)、部分部分が凝っていておもしろいからこそ、全体的にはちょっと散漫な印象。
それでもスクリーンにショシャナの顔が大写しになるクライマックスには息を呑んだ!

しかし歴史変わってますけど〜!
実在の人物が出てくる歴史もの、ナチスの非道に対する復讐ものの顔して、平然とユニークな展開と決着にもってくるのは、やっぱりタラ映画ならでは。

イングロリアス・バスターズ
Inglorious Basterds

(2009年 アメリカ)
監督・脚本/クエンティン・タランティーノ
出演/ブラッド・ピット(アルド・レイン中尉)
   イーライ・ロス(ドニー・ドノヴィッツ)
   ティル・シュヴァイガー(ヒューゴ・スティーグリッツ)
   ギデオン・ブルクハルト(ヴィルヘルム・ヴィッキ)
   メラニー・ロラン(ショシャナ)
   ジャッキー・イド(マルセル)
   ブリジット・フォン・ハマーシュマルク(ダイアン・クルーガー)
   クリストフ・ヴァルツ(ランダ大佐)
   ダニエル・ブリュール(フレデリック・ツォラー)
   アウグスト・ディール(ヘルシュトローム少佐)
   マイク・マイヤーズ(フェネシュ将軍)
   ジュリー・ドレフュス(フランチェスカ・モンディーノ)
   シルヴェスター・グロート(ヨーゼフ・ゲッベルス)
   マルティン・ヴトケ(アドルフ・ヒトラー)
声:サミュエル・L・ジャクソン(ナレーション)
  ハーヴェイ・カイテル(無線の司令部)
公式サイト

|

« 少年メリケンサック | トップページ | 大洗にも星はふるなり »

アメリカ映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/38216613

この記事へのトラックバック一覧です: イングロリアス・バスターズ:

« 少年メリケンサック | トップページ | 大洗にも星はふるなり »