« マルタのやさしい刺繍 | トップページ | レッド・クリフ part II −未来への最終決戦− »

チョコレート・ファイター

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

日本人ヤクザのマサシとタイ・マフィアのジンは恋に落ちるが、嫉妬に狂ったナンバー8に狙われ、マサシは日本に帰国した。妊娠していたジンは、組織を抜け、生まれた子にゼン(禅)と名付けて育てる。自閉症のゼンは人とのコミュニケーションに難をかかえるが、並はずれた身体能力を持っていた。

思ったこと

プラッチャヤー・ピンゲーオ監督の『マッハ!!!!!!!!』『トム・ヤム・クン!』に続く、ノーワイヤー・ノーCG・ノースタント3作目(そういえばトニー・ジャーくんは最近どうしてるんだろ?)。
今回は可憐な乙女のアクションということでとっても楽しみにしていたが、期待に違わぬ超絶っぷりだった〜。
映画というよりザ・超人ショー。
ストーリー展開や演出がなんかヘンなのは、もはやお約束。
少女ゼンが成長して覚醒するまでがちょっと退屈・・・でも暴れ始めたらノンストップだ!
仏像、象に続いて、今回の闘う理由は「ママのお金を返せ」!!

自閉症のゼンが、家の隣にあるムエタイ道場を覗き見たり、TVのアクション映画や格闘ゲームなどを通して、すべての技を身につけてしまったというビックリ設定。
ほとんど無表情でマーブルチョコレートをかじっている華奢で可憐な少女が、「ママのお金ー」と幼児のように叫びながら次から次へと大人の男たちを倒していくのは異様ともいえる光景だが、萌える・・・。
息をつかせぬ本物アクションには、全身の血が沸き立つような興奮!
特に“駆け上がり蹴り”がかっこいい!!
でもちょっと敵の頭を蹴りすぎなんじゃな〜い? 殺しちゃってないか心配。
借りたお金はちゃんと返したほうがいいし、子供たちに暴力をふるう男たちはいかにもな悪者だが、ゼンの取り立てはほとんど強奪のようであった。
極めつけは、宿命のライバルであるかのように登場した、メガネジャージ少年との対決。
知恵遅れ(?)の少年がチックみたいな動きをしながら闘う・・・なんだこれ、ヤバすぎ!!
ふたりのアクションが常人離れしすぎてて、なんだか格闘ゲームのキャラを見ているようだったよ。

ジンに拾われてゼンと一緒に育つ、ストリートチルドレンのムン。
スクリーンではなかなか見られないような、こきたないデブっ子・・・。
ゼンが苦手とするハエを退治しに登場したところはちょっぴりかっこよかったよ。
でも、ゼンとのラブ展開とかは今後もなさそうですね。

エンドロールでメイキング映像が入るんだけど、看板ファイトで道路に落ちた人が病院に送られている。
なんか笑いながらお見舞いしたりしてるけど・・・大丈夫か!? 取り返しのつかないことになってない!? 誰か死んじゃったりしてない!? と、とってもハラハラさせられます。

チョコレート・ファイター
Chocolate

(2008年 タイ)
監督/プラッチャヤー・ピンゲーオ
出演/ヤーニン・ウィサミタナン/ジージャー(ゼン)
   阿部寛(マサシ)
   “ソム”アマラー・シリポン(ジン)
   タポン・ポップワンディー(ムン)
   ポンパット・ワチラバンジョン(ナンバー8)
公式サイト

|

« マルタのやさしい刺繍 | トップページ | レッド・クリフ part II −未来への最終決戦− »

タイ映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/30000238

この記事へのトラックバック一覧です: チョコレート・ファイター:

» 「チョコレート・ファイター」 [クマの巣]
「チョコレート・ファイター」、観てました。 舞台はタイ。かつて危険な橋を渡っていた女性が、日本人ヤクザとの愛の末に授かった娘のた... [続きを読む]

受信: 2009/06/08 15:48

« マルタのやさしい刺繍 | トップページ | レッド・クリフ part II −未来への最終決戦− »