« その土曜日、7時58分 | トップページ | チョコレート・ファイター »

マルタのやさしい刺繍

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

夫を亡くして無気力になっていた80才のマルタは、若い頃の夢を思い出し、パリのように素敵なランジェリーショップを開きたいと一念発起する。リージは応援してくれるが、友人のフリーダやハンニ、息子ヴァルターら、保守的な村の面々からは「みっともない!」「村の伝統を壊す」と非難されてしまう。

思ったこと

田舎のムラ社会は、日本もスイスも同じなんだね〜。
世間体を気にして目立つことをしないよう生きていくのを求められる・・・。

夫の死から立ち直れないままでいるマルタをなんとか元気づけようとしている友人たちの気持ちがあたたかい。
でも、そんな友達から「その年で」「昔の夢を今さら」「腕が鈍ったのよ」「恥ずかしくないの」「笑いものになるわよ」などとたたみかけるように言われると、ほんとヘコむ。
そういった言葉に従うことが、いわゆる“空気を読む”なんだろうな〜。
周りからの圧力に屈さないでいるには、強い意志の力がいるし、せめてひとりは分かってくれる仲間が必要だよね。
一緒になって夢をみてくれるリージの存在がすごくありがたい。
そんなリージも、恋人を追って渡米したという武勇伝が口癖の“アメリカかぶれ”だし、村ではちょっと浮いていたんだろうな〜。

しかし、マルタを非難する友人たちも、それぞれ何かに抑圧されているから、自由に生きようとしている人のことをなかなか認められないのかな・・・と思う。
元社長夫人でプライドの高いフリーダは、今では老人ホームに入っており、なじむことができないでいる。
大きな農場経営をしている家のハンニは、脚の不自由な夫の世話に苦労し、実の息子から「施設に入れろ」と言われている。
そんなフリーダやハンニが、それぞれ新しい道を見出し、マルタと一緒になって目覚めていく様子は本当に気持ちよいです。
生き生きと元気で明るいお婆ちゃんたち、カワイイ!

対して、男の登場人物たちが頭の固いやつらばっかりだったのは、監督が女性だからか?
そんななか、老人ホームのマネージャー(?)の若い男性は一服の清涼剤でした。

新しいお店を開く過程というのは、ワクワクさせるものがあるよね。
私も手芸が好きなので、ベルンの手芸店を久々に訪れたマルタが、美しい布やレースの数々にうっとりしてしまうのに感情移入〜!
ランジェリーをひとつひとつ手で作るのって、すごく時間がかかるだろうに、よくお店が開けるほどまでになったよ。
目は大丈夫なのかな・・・って心配しちゃったり。
パンツやスリップはいいとして、ブラのサイズ展開とかどうしていたんだろ?

まるで絵本の中のような村の風景がカワイイ!
むくつけき男たちもこんなかわいい家に住んでいると思うとなんか不思議。
そして、田舎だからハエが飛んでいる・・・。
ランジェリーや若くてかわいい女の子の頭にもハエがとまっていたよ!
ナチュラルすぎておもしろい。
撮影のときはきっともっといっぱいいて、一生懸命追い払ったりしてたんだろうなー。
あと、村のコーラス隊がびっくりするくらい下手だったのもおもしろかった。
合唱祭に向けてだんだん上手くなるのが地味にカタルシス。

マルタのやさしい刺繍
Die Herbstzeitlosen/Late Bloomers

(2006年 スイス)
監督/ベティナ・オベルリ
出演/シュテファニー・グラーザー(マルタ・ヨースト)
   アンネマリー・デューリンガー(フリーダ・エッゲンシュワイラー)
   ハイジ=マリア・グレスナー(リージ・ビーグラー)
   モニカ・グブサー(ハンニ・ビエリ)
   ハンスペーター・ミュラー=ドロサート(ヴァルター・ヨースト)
   リリアン・ネーフ(フレニ・ヨースト)
   マンフレート・リヒティ(フリッツ・ビエリ)
   ペーター・ヴィスブロート(エルンスト・ビエリ)
   モニカ・ニッゲラー(シャーリー・ビーグラー)
公式サイト

|

« その土曜日、7時58分 | トップページ | チョコレート・ファイター »

スイス映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/29921795

この記事へのトラックバック一覧です: マルタのやさしい刺繍:

« その土曜日、7時58分 | トップページ | チョコレート・ファイター »