« 鴨川ホルモー | トップページ | 大阪ハムレット »

スイート・スイート・ビレッジ

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

集団農場で運転手として働くパヴェクと、助手のオチク。知恵遅れのオチクは一生懸命パヴェクの役に立とうとするが失敗ばかり。腹を立てたパヴェクに、今度の収穫後には乱暴者トゥレクと組んでもらうと言い渡される。絶望したオチクは、プラハの公団からの仕事の誘いにのってしまうが・・・。

思ったこと

なんか、なんだか、生きてるっていいな、と思わせてくれる作品。
パヴェクやドクトル、隣の墓掘り人が、庭で自家製ソーセージをつまみにビールを飲みながら、他愛ない会話を交わす。
「地下室の階段の7段目に置いたビールが、最もちょうどよく冷える」
「この世にはいいものもたくさんある・・・森も残っているし、この国のビールはうまい・・・そして女! この国の女は世界一だ」
素敵すぎ!
こんな風に生きていきたい、私・・・。
毎日景色に感動して詩を口ずさみながら車を走らせるドクトルは、しょっちゅう事故っているが、ひょうひょうとした存在感が魅力的。
こんな風に年をとりたい、私・・・。
村の皆が当然のように、オチクのことを身内同然に案じている様子にも心温まる。

会う人会う人に「別荘族の門柱を壊したんだって?」と言われてクサるパヴェク、水に何秒潜っていられるかこだわるトゥレク、不死身(!?)のドラーパリークなど、細かい笑いどころもツボだ。
村にふらりと現れて古い家の絵を描く画家役のズデニェク・スヴェラークも、相変わらず渋くていいね。

パヴェクに好かれようと、かわいがっている鳩をしめて届けるオチクに涙。
口笛の音を聞いて、忠実な犬のように目を輝かせて走っていくオチクに、涙、涙・・・。

ところで、ちぇこっとチェコ豆知識。
チェコの食卓の定番、ロフリーク。
小さめの細長い白パンで、見た目は日本のコッペパンのようだけど、もっとカサカサ・スカスカしています。
バターなどを塗ったり、ソーセージやチーズを挟んだりして食べます。
趙素朴な味だけど妙にハマる!
日本ではこういう味わいのパンって見かけないよな〜。
私が初めてチェコに行った2000年頃、このロフリークは1つ3円程度でした。
安っ!
食堂などで籠に積まれて好きなだけ食べられるようになっているのも納得。
でも現在では物価上昇やレート変動で1つ10円相当くらいになってるかな?
スーパーマーケットでは大きな透明ケースにこのロフリークが何百個と無造作に積み上げられていて、客はビニール袋にたくさん詰めて買っていきます。
オチクがいつもかじっているのが、このロフリーク。
だから、プラハのオフィスで飲み物は何がいいか問われたときのオチクの答えに「菓子パン」という字幕が出ているのは、大きな間違い。
かなりイメージ違うと思うヨ!

もうひとつ、オチクやパヴェクが社食で食べているメニューも、いかにもチェコって感じだった〜。
スープと、肉料理(たぶん)に添えられたクネドリーキ、そしてテーブル真ん中にパンの籠。
クネドリーキというのは茶筒を輪切りにしたような形の付け合わせで、白い蒸しパンみたいな感じ。
パンの細切れを混ぜ込んだものとか、マッシュポテト入りのものとかあります。
これはスーパーではミックスしか売ってないので、家やレストランでそれぞれ作るのが基本なんでしょう。
実は私はそれほど好きじゃないんだが(まずいわけじゃないけど、すぐ飽きちゃう)、ああチェコだ〜と思わせる一品。

スイート・スイート・ビレッジ
Vesnicko ma Strediskova/My Sweet Little Village

(1986年 チェコスロヴァキア)
監督/イジー・メンツェル
脚本・出演/ズデニェク・スヴェラーク(画家)
出演/ヤーノシュ・バーン(オチク)
   マリアーン・ラブダ(パヴェク)
   ルドルフ・フルシーンスキー(ドクトル/スクルジュニー先生)
   ペトル・チェペク(トゥレク)
   リブシェ・シャフラーンコヴァー(ヤナ)
   エヴジェン・イェゴロフ(墓掘り)
   ヤン・ハルトル(カシュパル)

|

« 鴨川ホルモー | トップページ | 大阪ハムレット »

チェコ映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/29704466

この記事へのトラックバック一覧です: スイート・スイート・ビレッジ:

« 鴨川ホルモー | トップページ | 大阪ハムレット »