« おくりびと | トップページ | マルタのやさしい刺繍 »

その土曜日、7時58分

お気に入り度 ★★★☆☆

こんな話

会計士のアンディは、金に困っている弟ハンクにある強盗計画を持ちかける。その対象は、郊外で両親が経営している宝石店だった。躊躇するハンクだが、内部をよく知っているし、保険がかけられているから誰も損をしないというアンディの言葉に乗せられて実行に移す。しかし予期せぬ事態が起こり・・・。

思ったこと

あわわ・・・ハンク(イーサン・ホーク)のヘタレっぷり狼狽っぷりが真に迫っていて、このような状況に陥っていないというだけで自分がものすごく幸せであるような気がしてきた。
追い詰められる緊張感、もう生きててもしょうがないという気持ちになって苦しい。
幼い実の娘にまで「ルーザー(負け犬)」と言われてしまう悲しさ・・・。
でもちゃんとした会社で働いているっぽいのにね?
離婚した妻に渡した部屋のローン、娘の養育費、自分が住んでいる部屋の家賃・・・と聞いただけでも大変そう。
「ホットドッグ代が払えるのか?」と言うアンディ、娘ダニエルに「ライオン・キング観劇の遠足に行っていいでしょ!?」とねだられて「パパに聞いてみなさい」と笑いながら言う元妻、みんなイヤミっぽくて意地悪だな〜!
こんなになるまで、相当ダメの実績を重ねてきたのだろうね・・・。
事件が起こってからのキョドリ具合は見ちゃおれない。

アンディ(フィリップ・シーモア・ホフマン)のゆがみっぷりもすごかった。
いかにも精神力の弱いハンクに強盗をやらせるのは明らかな人選ミスだと思うが、アンディの心の奥底では、両親のかわいい“ベイビー”が強盗という裏切り行為をするということに暗い悦びを感じていたのだろうか。
それもこれも幼い頃からの家族関係の根深さ・・・。
確かに全然似てない兄弟だよねぇ。
ハンクは確かにヘタレだけど、そこがかえって人から愛されたりもしそうだもんね。
「ハンクはかわいいから」というのは、ルックスと愛嬌を合わせてのことだと思うが、男でもそういうことを気にしたりするんだなぁ。

この人たち、不穏な話し合いを人いっぱいの店でけっこうカジュアルに行っているからヒヤヒヤ。
強盗で手に入る金の見込みは、1人あたり6万ドル。
日本円にして600万円程度でしょ・・・危険を犯すには合わない額のような気がするけど〜。
焦点のあたる人物がめまぐるしく入れ替わり、時間が行ったり来たりするので、何か思いがけない裏切りや秘密が隠されているのかと(最近そういう映画多いじゃん?)身構えていたが、わりとそうでもなくって拍子抜け。
もちろん人物たちの心情はどんどん掘り下げられていくわけだけれども、そんなに意外性がなかったというか〜。
意外性やドンデン返しを過度に期待してしまうのは、映画観すぎの悪癖かもね?

お葬式のとき、サングラスをしていたり、ジーナが胸の深く開いた服を着ていたりしたのが、文化の違いだな〜と興味深かったよ。

その土曜日、7時58分
Before the Devil Knows You're Dead

(2007年 アメリカ)
監督/シドニー・ルメット
出演/フィリップ・シーモア・ホフマン(アンディ・ハンソン)
   イーサン・ホーク(ハンク・ハンソン)
   マリサ・トメイ(ジーナ・ハンソン)
   アルバート・フィニー(チャールズ・ハンソン)
   ローズマリー・ハリス(ナネット・ハンソン)
   ブライアン・F・オバーン(ボビー)
   アレクサ・パラディノ(クリス)
   マイケル・シャノン(デックス)
   エイミー・ライアン(マーサ)
   サラ・リヴィングストン(ダニエル)
公式サイト

|

« おくりびと | トップページ | マルタのやさしい刺繍 »

アメリカ映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/29877296

この記事へのトラックバック一覧です: その土曜日、7時58分:

« おくりびと | トップページ | マルタのやさしい刺繍 »