« ヤッターマン | トップページ | グラン・トリノ »

スラムドッグ$ミリオネア

お気に入り度 ★★★☆☆

こんな話

インド・ムンバイにあるスラム出身の青年ジャマール・マリクは、人気TV番組「クイズ$ミリオネア」で勝ち進み、史上最高の2000万ルピアの問題に到達した。しかし、スラム育ちの孤児が問題に正解するのは不正を働いたからに違いないと、警察に逮捕されてしまう。厳しい取り調べを受けたジャマールは、スラムの暮らしで正解を知った過程を語っていく。

思ったこと

非常にテンポよく、貧しくつらい境遇ながらも生命力はじける子供たちの様子が活写される。
スラム街での追っかけっこは、音楽の効果も良くて、楽しかった!
厳しすぎる理不尽な尋問、母の死、物乞いとして目をつぶされる少年、売春窟など、重苦しいエピソードも盛り込まれているのだけど、登場人物たちの瞳が淀んでないから、胸ふたがれることなく観ていられる。
鉄道に無賃乗車したり、機転をきかせてタージ・マハルで商売するところなんか、実に小気味いいよ。

でも、わりとご都合主義の純愛物語だった〜。
警官のセリフで「人生に失敗する原因は金と女」というのが出てくるが、結局“金と女”を手に入れたら幸せ〜という話だよね。
ジャマールが問題の答えを知っていった理由を語ると、そのまま生い立ちのストーリーに重なっていく・・・という脚本はおもしろいけど、うまくできすぎだろ〜。
初恋の少女にこだわり続けるのも、美しいのは間違いないけど、なんか視野が狭く思い込みが強い感じでちょっと引くかも・・・。

とはいえ、貧しい暮らしの人々がTVの前に集まってジャマールを応援するところは、その感情のうねりに胸が熱くなった。
最後の問題、答えを教えてあげたくてウズウズ・・・。
子供の頃『アニメ三銃士』観てたからバッチリよ!

ラティカ役の女の子は、どの年代もかわいい子を揃えておるな〜。
特に幼少期の、やせっぽちで目がこぼれ落ちそうに大っきい子!
それから、少女期のサリーとインド舞踊も眼福だ。

エンドロールが始まって・・・唖然。
これがいわゆるボリウッドスタイルってやつ!?
ダンスに挟まれて、ジャマール、サリーム、ラティカ、それぞれの年代を演じた俳優たちが、折り重なるように紹介されるとこなんかはかっこいい出来で、飽きさせない。
しかし余韻も何もないよね・・・ある意味、それが狙いなんだろーけど。

ところで、私は普段ほとんどまったくTVを見ないのだが(みのもんたが司会をしているという「クイズ$ミリオネア」も知らない〜)、アカデミー賞の発表の日はたまたま旅行中で、『おくりびと』受賞のニュースをビジネスホテルのTVで見てた。
そんで本作の、作品賞ほか8部門受賞というのも知った。
内容の紹介があったのだが、あらすじとハイライトシーンをつらつら見せすぎで、なんだかすっかり分かったような気にさせる説明過剰さ。
興醒めだから、あまりよく見ないでおいたけど。
その他の主演男優・女優賞、助演男優・女優賞などが知りたくて、ガマンしつつ待っていたのに・・・とうとう『おくりびと』と『スラムドッグ$ミリオネア』の話題だけで終わった!
おかしくない!? ニュース番組でしょ!?
良い内容のTV番組もきっと存在するとは思うけど、私がたまたま見かけるときはいつもつまんないので、やっぱり今後も見なくていいや〜という結論になるのだった。

スラムドッグ$ミリオネア
Slumdog Millionaire

(2008年 イギリス)
監督/ダニー・ボイル
原作/ヴィカス・スワラップ
脚本/サイモン・ビューフォイ
出演/デヴ・パテル(ジャマール・マリク)
   マドゥル・ミッタル(サリーム・マリク)
   フリーダ・ピント(ラティカ)
   アニル・カプール(プレーム)
   イルファン・カーン(警部)
   アーユッシュ・マヘーシュ・ケーデカール(幼少期のジャマール)
   アズルディン・モハメド・イスマイル(幼少期のサリーム)
   ルビーナ・アリ(幼少期のラティカ)
公式サイト

|

« ヤッターマン | トップページ | グラン・トリノ »

イギリス映画」カテゴリの記事

コメント

話は、できすぎですよね。クイズの答えが、生きてきた中で知ることになっていたものというのは…。まあ、そこを否定したら、どうしようもないのですが。
いきなりダンスは、大好きでっす!(笑)

投稿: ボー | 2009/05/07 22:24

ボーさん、こんにちは!

なんだか世間で評価されてるほどには、感動してない私です。
ダンスのシーンは、本編でももっと入れれば良かったのに!
そしたらもっと好きになっったかも。
(それに比例して世間の評価は下がる気がする・・・)

投稿: チヒルカ | 2009/05/08 15:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/29032504

この記事へのトラックバック一覧です: スラムドッグ$ミリオネア:

» スラムドッグ$ミリオネア(試写会) [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[スラムドッグ$ミリオネア] ブログ村キーワード 評価:9.5/10点満点 2009年29本目(27作品)です。 週刊誌の懸賞で試写会の無料招待券が当たったので、4月18日の公開に先駆けて見ることが出来ました。 今年のアカデミー賞を8部門も受賞した作品だけあって興味がありま..... [続きを読む]

受信: 2009/04/11 00:09

» 「スラムドッグ$ミリオネア」 [或る日の出来事]
彼が彼女の顔に唇を触れた瞬間、この映画に対する私の評価は上がった。 そうだ! きっと私も、必ず、そうする! まず、はじめは、彼女の唇... [続きを読む]

受信: 2009/05/09 07:21

« ヤッターマン | トップページ | グラン・トリノ »