« マンマ・ミーア! | トップページ | ボーダータウン 報道されない殺人者 »

デトロイト・メタル・シティ

お気に入り度 ★★★☆☆

こんな話

おしゃれな渋谷系ポップミュージシャンになることを夢みて、大分から東京に進学した根岸崇一。しかし、卒業した今、悪魔系デスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」のギターボーカル、ヨハネ・クラウザーII世としてカリスマ的人気を博していた。家族や憧れの相川さんには内緒にして、社長からはいたぶられ、本当にやりたい音楽をやれないことに悩む。

思ったこと

「Go To DMC! Go To DMC!」
帰り道、歩調に合わせて口ずさんでしまう感じ・・・。
なんか、意外とおもしろかった! 笑えたし。
事前の期待値があまり高くなかったのと、原作マンガを読んでなかったのが良かったのかもしんない。

冒頭、東京の街を歩く根岸にポップなアニメがからんでくるところもなかなかヘンでおもしろかったけど、DMCが登場した悪魔系アニメのオープニングがいい出来! かっこいい。
ただ、芝居のノリがなんかコントっぽくて、しばらくシラーッとしたままだった。
こういう感じ、TV出身の監督によくある感じがするんだけど・・・私がTVをほとんど観ないからノリに慣れていないだけなんかな・・・。

松山ケンイチはL役のせいで(観てないけど)コスプレ俳優というイメージだったが、立派なコスプレっぷりであったな〜。
クラウザーさんはもちろん、それよりさらに、根岸のくねくねが見ものでした。
佐治くんもだけど、こういう乙女系男子って、ちょっと昔だったら随分生きづらかっただろうに・・・自然体でいられる現代日本っていい時代だね!
なんだかんだ言って、いつもクラウザーさんの衣装とメイク道具を持ち歩いている根岸・・・。
早変わりって、ネイルも塗ったり取ったりしているんだろうか。
悩んでいるけど、実はクラウザーさんになったとき、とても生き生きしているよね。
子供のときの夢にこだわらず、本当の自分の適性を受け入れて、人から求められることの幸せを感じるんだ!!と、心から言いたくなったよ。
クラウザーさんの歌って、てっきり松山ケンイチすげ〜な〜と思っていたら、冠徹弥って・・・知ってる、この人!
ずっと昔、友達が「So What?」のファンで、一緒にライブに行ったことがある・・・なんか「ジャイアン!」とか叫んでた人・・・私自身は全然メタルには興味ないんだけど。
あと、DMC信者の人たちを見るのも楽しかったな。

ただ、もったいないと思われる部分もいろいろ。
インディーズ戦国時代のくだりってなんか唐突で、必要性がよく分からなかった。
金玉ガールズはかわいいし、ちょっと骨がある感じだったのに、出番あれで終わり?
アサトヒデタカがプロデュースプロデュース言うのもギャグかな・・・と思ったけど、あまり効いてこなかった。
加藤ローサちゃんはすこぶるかわいいけど、なんか心情がよく分からないというか・・・音楽雑誌の編集者という設定も特に生かされてなかった気がするし・・・説教されてもなぁ〜。
それに、せっかく「私の好きな人が・・・」と言っているのに、どうして根岸はそこの部分をスルーする!?
ラストの行動もなんなんだよ!?

タバコの火を人に押しつけたり、首から吊り下がったり、そんな表現いいの・・・?と言いたくなるところ多数。
だって映画の中では、そんなんされても平気そうにしてるんだもん。
バカなお子様が真似したりしないかちょっぴり心配だ。

特に笑えたシーン
・トイレで歌い踊る「サリ〜♪」
・戦隊ショーでつぶやく子供「おぉ〜、めちゃくちゃ強そう、だ〜」
・「まるで農家の息子だ!」
・メタル・バッファローに「ベーベーベー」
・ジャック・イル・ダークに「Yes, I do」

あ、クラウザーさんのライブシーンをもう一度観てみたくなっちゃった・・・。

デトロイト・メタル・シティ
(2008年 日本)
監督/李闘士男
原作/若杉公徳
出演/松山ケンイチ(根岸崇一/ヨハネ・クラウザーII世)
  加藤ローサ(相川由利)
  秋山竜次(西田照道/カミュ)
  細田よしひこ(和田真幸/アレクサンダー・ジャギ)
  松雪泰子(デスレコーズ社長)
  鈴木一真(アサトヒデタカ)
  高橋一生(佐治秀紀)
  宮崎美子(根岸啓子)
  加藤諒(根岸俊彦)
  美波(ニナ)
  ジーン・シモンズ(ジャック・イル・ダーク)
公式サイト

|

« マンマ・ミーア! | トップページ | ボーダータウン 報道されない殺人者 »

日本映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/28481216

この記事へのトラックバック一覧です: デトロイト・メタル・シティ:

« マンマ・ミーア! | トップページ | ボーダータウン 報道されない殺人者 »