« コレラの時代の愛 | トップページ | マンマ・ミーア! »

あぁ、結婚生活

お気に入り度 ★★★☆☆

こんな話

理想的な中年夫婦であるかのようなハリーとパット。実のところハリーは若い愛人ケイに心を奪われており、離婚したいと考えていた。しかしパットを傷つけるのに耐えられず、毒殺を決意する。ハリーの親友リチャードは、それぞれの話を聞きながら画策するが・・・。

思ったこと

1949年のアメリカが舞台で、古いラブコメ映画の雰囲気、昔から何度も語られてきているようなストーリー・・・この映画を今の時代にわざわざ作る意味って何だろ?
観ている間はまあまあ楽しめるけど、すぐに忘れてしまいそうだな〜。
アメリカ人夫婦って、思っていなくても「愛してるよ」と平気で言うんだね。
日本人夫婦だと、たとえ思っててもまず言えないよね。
登場人物は裕福な人たちばかりで、お家が快適そうでいいな〜と思った。

ハリーは、「パットを捨てて苦しめるくらいなら、いっそ毒殺しよう」だなんて、身勝手な男としか思えない〜。
犬の件とか、許せないし。
後に涙目で「今夜、すべてを失ってしまった・・・」とか言われても、全然同情できなかったよ。
ケイはハリーのどこに惹かれたのかな。
会社重役で金持ちそうなところがポイントかな・・・。

親友リチャードも調子いい男だ。
前半はリチャードのナレーションで話が進むのだが、リチャードがいない場面でそのときには知らないはずのことまで語っちゃうのはどうかと思った。

パット役のパトリシア・クラークソンは年配だけど美人で骨格がきれい。
特に顎から首筋にかけての線をじーっと見てしまいました。
あと、ハリーがパットのためにベッドに持ってきた朝食、うらやましかった〜。
パットは「女王さまのよう」と喜びならが、胃の調子が悪いのかあまり食べようとしなかったけど。
私もベッドの上でトースト食べたい、パラパラこぼれるのを気にせずにね!

ケイ役のレイチェル・マクアダムスは、美女というより健康的でカワイイ感じ。
大切な人を次々と亡くしてしまった、暗く重い過去を抱えている・・・という雰囲気はあまりしなかった。
こういう年上男を翻弄する女は、スカーレット・ヨハンソンとかが似合いそうだな〜。
しかし戦死したという夫が話にからんでくるのかなと思いきや・・・。

ラスト、何事もなかったかのような家族の集い、一見とても幸せそう。
人間って欺瞞だらけなんだね〜。
でもそれでそれなりに幸せにもなれるんだね〜ということ。

あぁ、結婚生活
Married Life

(2007年 アメリカ)
監督/アイラ・サックス
出演/クリス・クーパー(ハリー)
   ピアース・ブロスナン(リチャード)
   パトリシア・クラークソン(パット)
   レイチェル・マクアダムス(ケイ)
   デヴィッド・ウェナム(ジョン・オブライエン)
公式サイト

|

« コレラの時代の愛 | トップページ | マンマ・ミーア! »

アメリカ映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/27304869

この記事へのトラックバック一覧です: あぁ、結婚生活:

« コレラの時代の愛 | トップページ | マンマ・ミーア! »