« ベガスの恋に勝つルール | トップページ | エグザイル/絆 »

あの日の指輪を待つきみへ

お気に入り度 ★☆☆☆☆

こんな話

夫の葬式で淡々とした態度をとり、娘マリーに「私の人生は21歳で終わった」と言うエセル・アン。マリーは両親の親友であるジャックに昔のことを聞こうとするが、彼は何も話してくれない。そんなとき突然、アイルランドから「エセルとテディ」の名前が刻まれた指輪が見つかったという電話があった。

思ったこと

始まってから終わるまで、いろいろな点で癇に障ってしょうがない映画だった。
全っ然感情移入できないしイライラするので途中で出ちゃおうかなとも思ったけど、真ん中あたりの座席に座っており右にも左にも人がいたので断念。
終わるまでひたすら忍耐・・・という映画も久しぶりだな〜。
以下、どこがイヤだったか文句ばかり書き連ねます。

●舞台が切り替わりすぎ。
1991年のアメリカ・ブラナガン、1940年代のブラナガン、1991年の北アイルランド・ベルファスト、1940年代のベルファストの場面が次々と切り替わる。
そして説明調のシーンやセリフが続く。
わずらわしい・・・同じ年代の中でも出来事が前後したりするし。

●主人公のエセル・アンに感情移入できない。
シャーリー・マクレーン演じる老エセル・アンはひたすらイヤな女だった。
長年連れ添った夫の葬式で、悲しめないのはまあ仕方ないにしても、「なんで私が悲しまなきゃならないのよ」とばかりに不満そうな態度を見せつけてるのが感じ悪い。
ジャックにとっては生涯の親友を亡くした、娘にとっては最愛の父を亡くした、ということが思いやれない。
さらに、「私の人生は21歳で終わった」と娘の存在自体を否定するようなことを言い、私の家なんだから出ていけと怒鳴る。
マリーはこんな母親放っといてさっさと出ていったほうがいいと思う。
いくら悲しい過去を抱えているのだとしても、その後の50年、人生に対して恨みだけを持って過ごしてきた人のことなんて好きになれないし、そんな人の話も聞きたくない。
若いときのエセル・アン(ミーシャ・バートン)はかわいかったけどねー。

●エセル・アンばかりがモテますなー。
「もし僕が死んだらエセル・アンを頼む」って、どっちも同じように戦場に行くのに?
裏を返せば「もし僕が死ななかったらエセル・アンは僕だけのもの」なんだよね?
想いを抑えてきた親友に対して無神経ではないですか?
そういうのが男の友情なの?
エセル・アンと男3人のやりとりばかりで話が進み、なんか世界が狭く感じる。
それから、仲間の写真やハガキを飾っている壁に、「JAPS ATTACK PEARL HARBOR」という見出しの新聞記事をでかでかと貼っておく感覚が理解できない。

●老ジャック(クリストファー・プラマー)の演技が大げさ。
うんうんわかったから、お爺ちゃん・・・と言いたくなった。

●ジミー・ライリーがうざい。
にこにこといかにも善良そうな顔をして空気を読まずに引っかき回すタイプ。

●IRAを出す必要はあったのか。
ベルファストの話はどれもこれも不自然過ぎ。
ストーリーに爆弾を使いたかったからIRAを出したんだろうね。
歴史背景の説明が少なくて、IRAは目的不明の無差別テロリストというだけの扱いだ。

俳優陣は豪華なのにな・・・。
この映画で泣いた人って本当にいるのかな?
と思って、「あの日の指輪を待つきみへ」&「泣けた」でGoogle検索してみたら・・・けっこういるな・・・私ってやっぱ文句が多い人間なのかも。

あの日の指輪を待つきみへ
Closing the Ring

(2007年 イギリス/カナダ/アメリカ)
監督/リチャード・アッテンボロー
出演/シャーリー・マクレーン(エセル・アン)
   クリストファー・プラマー(ジャック)
   ネーヴ・キャンベル(マリー)
   ミーシャ・バートン(若き日のエセル・アン)
   グレゴリー・スミス(若き日のジャック)
   ステファン・アメル(テディ・ゴードン)
   デヴィッド・アルペイ(チャック)
   ピート・ポスルスウェイト(マイケル・クィンラン)
   ジョン・トラヴァース(若き日のマイケル・クィンラン)
   マーティン・マッキャン(ジミー・ライリー)
   ブレンダ・フリッカー(エレノア・ライリー)
公式サイト

|

« ベガスの恋に勝つルール | トップページ | エグザイル/絆 »

アメリカ映画」カテゴリの記事

イギリス映画」カテゴリの記事

カナダ映画」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

この作品、DVDで鑑賞しました。
自分はそこまで嫌でもなかったんですが、
それでも色々とツッコミどころの多い作品ではあったと思います。
内容の薄い物語をIRAをからめたり、
時間と空間を前後させたりしながら
一生懸命盛り立ててはいるんですが、
全体にイマイチな感じが残るのは同感です。

投稿: ANDRE | 2008/12/27 15:25

ANDREさん、こんにちは〜。

こんな文句ばかりの感想文を読んでもらって恐縮です・・・。
ちょっと前に観た、似た感じの設定の『いつか眠りにつく前に』もやっぱりイヤだったので、実らなかった昔の恋愛を振り返るストーリーが私に合っていないのかもしれません・・・。

投稿: チヒルカ | 2008/12/28 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/26069669

この記事へのトラックバック一覧です: あの日の指輪を待つきみへ:

» 映画「あの日の指輪を待つ君へ」 [Andre's Review]
closing the ring 2007年 イギリス・カナダ・アメリカ 夏に公開してて、ちょっと気になっていた作品です。最近、DVD化するのが早いですねぇ。 1991年、アメリカ。夫デヴィッドを亡くした老婦エセルは夫の友人だったテディに恋をしていた50年前の思い出に浸っていた。同じ頃、不安定な情勢が続くアイルランドのベルファストでは、近所の老人と一緒に50年前に飛行機が墜落した丘を掘り起こしていた青年がそこで1つの指輪を発見するのだが・・・。 もっと、大河ロマンみたいな感じの作品なのかと思って... [続きを読む]

受信: 2008/12/27 15:25

« ベガスの恋に勝つルール | トップページ | エグザイル/絆 »