« 悲しみが乾くまで | トップページ | 奇跡のシンフォニー »

トゥヤーの結婚

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

中国内モンゴル自治区で、厳しい自然を相手に生きるトゥヤーの一家。数年前に井戸の事故で下半身が不自由になった夫バータルとふたりの子供を抱え、トゥヤーの負担も限界に。説得され離婚に同意するトゥヤーだが、再婚の条件に挙げたのは、新しい家庭でバータルも一緒に暮らすことだった。

思ったこと

ラクダに乗って羊の群れを追う、スカーフを頭に巻き付けぷくぷくに着ぶくれた、ふたりの子供の母・・・てっきりおばちゃんだと思ったら、これがヒロインのトゥヤーだった!
皮膚は浅黒く厚い感じで、くちびるはぽってり、厳しい表情をたたえ、一家を支えて働く姿は力強い。
しかしスカーフをほどいてみたら、若くてかわいい顔が出てくる。
トゥヤーたちが住んでいるのは、現実に砂漠化が急激に進んでいる地域だそうだ。
家から離れたところにある井戸へ毎日水を汲みにいかなければならないが、年々水の出が悪くなると会話に出てくる。

モンゴルでは羊肉や乳製品が主食でほとんど野菜を食べないと聞いたことがあるけれど、トゥヤーたちの地域では野菜も使っているようで、食卓はけっこう彩り豊か。
幼なじみのボロルが訪ねてきた夜は、なんと羊の丸焼き!
テーブルの中央に焦茶色の羊さんが鎮座ましまし、周囲に座った各々がナイフで肉を削りとって口に運ぶ。
う〜ん・・・ワイルド! これはきっと歓迎の料理なんだろうな・・・食べてみたい。
事故で下半身が不自由になってしまったバータルは仕事もできず家にいるのだが、かつてはモンゴル相撲の覇者だったということがボロルとの会話で分かる。
それまでほぼ無表情だったバータルがこのときばかりは相好を崩す。
そんな強かった男が、今ではトゥヤーに頼り切って生きていかなくてはならないのはつらいだろうな・・・離婚や自殺を考えるほど・・・。
でも、どんなに生活が大変でも、家族として絶対に見捨てない!というトゥヤーの強さに、心が熱くなります。
再婚するのに前の夫も連れていくなんて、あまりにも突飛な発想だけど。
夫婦愛などという一般的な言葉でくくれない、人間の大きさを感じる。

酔っぱらって道で倒れている登場シーンはもとより、妻には逃げられて、仕事も始める前から失敗するんだろうな〜と想像させるダメダメっぷりのセンゲー。
なんかかわいい・・・(けっこう年いってるぽいが)。
もしかしてあなたが白馬の王子様!?
ずいぶんしょぼくれているけど・・・薄汚れた白馬だけど・・・。
もうあんたたち、さっさと結婚しちゃいなYO!とすっかり応援モード。

上の男の子ザヤは、小さいながら家族の仕事を手伝う姿がいじらしい。
拗ねたトゥヤーに「裏切り者!」と言われたとき、「裏切ってないよ、信じて、お母さん」と後を追っていくのがかわいかった〜。
下の女の子ポロは2〜3歳くらいの大きさだと思うけど、ほとんどしゃべらないし、バータルがスプーンを口に運んで食べさせているので、もっと幼いような感じ?
ぷくぷくにふくらんだ頬っぺがか〜わい〜い!
特に、家族が川の字になって寝ているとき、ポロの寝顔はまさに天使! 目が離せなかった〜。

バータルやセンゲーら、トゥヤー以外のキャストはすべて現地で見つけてきた人たちだそうだ。
な、なんと、あなたたちは天然ものであったか・・・!
確かに演技って風じゃなかったよ・・・ただそこにいるって感じだったよ・・・その存在感。

トゥヤーの結婚
図雅的婚事 /Tuya's Marriage

(2006年 中国)
監督/ワン・チュアンアン
出演/ユー・ナン(トゥヤー)
公式サイト

|

« 悲しみが乾くまで | トップページ | 奇跡のシンフォニー »

中国映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/24078320

この記事へのトラックバック一覧です: トゥヤーの結婚:

« 悲しみが乾くまで | トップページ | 奇跡のシンフォニー »