« 地上5センチの恋心 | トップページ | ジェイン・オースティンの読書会 »

アクロス・ザ・ユニバース

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

ビートルズの曲を散りばめたミュージカル。リバプールの造船所で働くジュードは、まだ見ぬ父親を探しにアメリカへと旅立つ。大学生マックスとその妹ルーシーと出会い、ニューヨークで仲間たちと過ごす自由で楽しい日々。しかしマックスはベトナム戦争へ徴兵され、ルーシーは反戦運動にのめり込んでいくのだった。

思ったこと

ジュリー・テイモア監督といえば、随分前の映画だが『タイタス』が強烈過ぎる印象を残している。
他の誰とも似ていない独特の映像美。
それが忘れられなくて新作を観に行って、まあ期待どおりのものが観られた。
映像や音楽のコラージュ感はやっぱりおもしろい〜!
が、特別なインパクトというほどでもなかったかな・・・今回は。
私は別にビートルズファンではないが、使われている33曲のうち半分強くらいは知っていて、やっぱり曲の力というものを感じる。
たまに曲と不可思議な映像が見事に共振してめくるめく世界に連れていかれる。
なかでも女性が歌った曲にグッとくるものが多かったなー。
でも無理矢理な感じのときもあって、ちょっと退屈になってしまったところもある。
結局ストーリーやキャラクターはどってことない感じなのだが、妙に後を引くというか、もう1回観に行きたいな・・・という気持ちになっている。

チアガールとアメフト選手たちが入り乱れるなか、「I Want To Hold Your Hand」を歌いながらゆっくり歩いてくる女の子(プルーデンス)。
あ、この子が好きなのは、別のチアガールの女の子なのかも・・・とうっすら気付く。
なかなか素敵だったけど、ストーリー的にはそのままスルー。
プルーデンスが再登場してしばらく経ってから、あ、あの子だと気付くのに時間がかかった。
しかも片思いしてる相手はジョジョかと勘違いもしちゃってた。
だって窓から入ってきたとき、「向かいのビルの男の子の部屋にいた」とか言ってたじゃん?
同性愛者という設定、わかりにく〜!
なんか謎の存在だったプルーデンス・・・かわいかったけど。
仲間にアジア人も必要ということで加えられたキャラなんでしょうか?
ちなみに、T・V・カーピオはフィリピン・中国系のアメリカ人シンガーらしい。

ボーイフレンドからの手紙を受け取ったルーシーが、家に駆け込んで妹たち(?)とベッドの上で「It Won't Be Long」を歌うシーンはとってもかわいかった!
リズムに乗るバスケットボール!
それから、ルーシーを好きになったジュードがボーリング場で歌う「I've Just Seen A Face」。
「こんな女の子に初めて会った」と、恋に落ちて舞い上がるウキウキ感が出てて、カラフルな光、レーンを滑っていく映像にすっかり楽しい気持ちに。
しかしニューヨークに向かう車の中、ルーシーの兄マックスが「彼女にはボーイフレンドがいる」と言う。
答えてジュード「うん、分かってる。僕にもガールフレンドがいるから」。
そうだよ!! あんた、地元の恋人に毎日愛を込めて手紙を書くって歌ってたじゃん、そういえば!
まあいいけどさー。

すごくおもしろかったのは、マックスの徴兵検査!
「I Want You」と歌い出すアンクル・サムに、「She's So Heavy」な自由の女神。
こういう整然とした群舞に私は弱いな〜・・・。
ジョジョの登場シーンで、リズムに合わせて歩く通行人も好きだったし。

ルーシーがのめり込む反戦運動から一歩引いちゃうジュードの気持ちも分からなくないが、運動のリーダーを女たらし呼ばわりするなど下世話なすり替えをするもんだから、男を下げたね。
ボーイフレンドを亡くし、今また兄のことが心配でたまらないルーシーの気持ちを、アメリカ人でないジュードは結局共感できなかったんだなー。
とは言いつつ、私もああいう運動的なものからは引いちゃうかな〜。

最後の「All You Need Is Love」は、愛こそすべてってきれいにまとめすぎ〜!と思いつつ、じーんときてしまった。
だよねだよね、オールユーニードはラブだよね。
そしてシーはラブスユーだよねっ。

アクロス・ザ・ユニバース
Across the Universe

(2007年 アメリカ)
監督/ジュリー・テイモア
出演/ジム・スタージェス(ジュード)
   エヴァン・レイチェル・ウッド(ルーシー)
   ジョー・アンダーソン(マックス)
   デイナ・ヒュークス(セディ)
   マーティン・ルーサー・マッコイ(ジョジョ)
   T・V・カーピオ(プルーデンス)
   ボノ(ドクター・ロバート)
   エディ・イザード(ミスター・カイト)
   サルマ・ハエック(看護婦)
公式サイト

|

« 地上5センチの恋心 | トップページ | ジェイン・オースティンの読書会 »

アメリカ映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/27359722

この記事へのトラックバック一覧です: アクロス・ザ・ユニバース:

« 地上5センチの恋心 | トップページ | ジェイン・オースティンの読書会 »