« 俺たちフィギュアスケーター | トップページ | ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 »

グラインドハウス USAバージョン

お気に入り度 ★★★★★

こんな話

グラインドハウスとは、1960〜70年代にアメリカで流行った低予算B級映画の2、3本立て上映館のこと。それにオマージュを捧げて、片足マシンガンの美女がゾンビを殺しまくる『プラネット・テラー』と、耐死仕様の車で若い女の子たちを追い回す殺人鬼を描く『デス・プルーフ』の2本立てに、製作予定のない映画の予告編4本を組み合わせた企画ムービー。

思ったこと

おもしろかったー!
血や死体にまみれているのに爽快!
かわいくて元気でスタイルのいい女の子たち満載で眼福、眼福。
世の中にはまだまだおもしろいものがたくさんあるね!という前向きな気分に。
おそらく、監督たち自身が楽しんでいる気持ちが伝染したんだと思う。

●マチェーテ(フェイク予告編)
これってば『デスペラード』と同じような話?
派手で分かりやすいストーリーと絵面で盛り上がる。
本当に製作することが決まったそうなので、楽しみに待とう。

●プラネット・テラー
迫りくるゾンビの恐怖。
片足マシンガンのチェリーのかっこよさ!
笑っちゃうくらいの痛快アクション。
息つく間もないくらい堪能いたしました。

エル・レイ・・・かっこよすぎ♡
最初もしかしてアジア系かな?と思ったけど、どうもメキシコ系らしいと判明し、そしてフレディ・ロドリゲス本人のプロフィールを見たらプエルトリコ系だった。
・・・っていうか、観てるときに気付かなかったのはうかつだけど、『ボビー』にも出てた人じゃん!
私こういう顔がすごくタイプ・・・ガエルくんから乗りかえようかしら。
自分のもとを去った恋人のために、ゾンビだらけの病院に乗り込む姿にしびれた。
片足を失ったチェリーに「これでもつけて走れ!」と厳しいところも、なんかいい。
異様に強いヒーローぶりももちろん素敵。
さらに、チェリーに何故出ていったのかと問いかけながら、じーっとまばたきもせず見つめる表情に惚れました。

ガーターベルトに注射器を差している女医ダコタ、セクシーな双子の存在感も忘れられない。

アビーが切り取ったタマタマを集めていたのは、きっとウイルス抗体とかになるという伏線だ・・・と予想していたら、関係なかったみたい。
じゃ何故拾い集めてたの? 趣味?

最後の海に面した遺跡は、メキシコはカンクンのそばにあるトゥルムだ!(行ったことないけど)
すごい印象的な景色で最後の決戦にぴったりと言えましょう。
遠景から映しているとき、海水浴客たちが普通にしっかり入っているのがいかにもB級で可笑しかった。

●ナチ親衛隊の狼女(フェイク予告編)
ニコラス・ケイジには吹き出した。

●ドント(フェイク予告編)
繰り返しギャグみたいで笑える。
予告編の中では、観客に一番ウケていた。

●感謝祭(フェイク予告編)
イタイ殺人満載!

●デス・プルーフ
タイトルは“死の証拠”じゃなくて、ウォータープルーフとかのプルーフだったのね。
女の子たちのだべりが続く前半は悪くない、悪くないけどちょっと冗長な感じ。
バタフライのラップダンスが“フィルム紛失”で飛ばされたのは笑えた。
死に様を一人ずつじっくり見せるところは、乾いた変態性を感じさせます。

そして、後半の打って変わった疾走感!
まず、映画製作の仕事仲間である4人がそれぞれ魅力的なので、だべりも楽しい。
スタントウーマン・ゾーイって一見普通っぽいのに、本物のスタントぶり、すごいな!!
恐怖のカーチェイスも目が離せなかったが、女の子たちの容赦ない反撃が始まると、興奮も最高潮に。
ゾーイ姉さん、ハコ乗りにもほどがある!
スタントマン・マイクの打たれ弱さにも激笑!
あー強い女の子って最高ですね。

プラネット・テラー
Planet Terror

(2007年 アメリカ)
監督・脚本/ロバート・ロドリゲス
出演/ローズ・マッゴーワン(チェリー・ダーリン/パロミータ)
   フレディ・ロドリゲス(エル・レイ)
   ジョシュ・ブローリン(ウィリアム・ブロック)
   マーリー・シェルトン(ダコタ・マックグロウ・ブロック)
   マイケル・パークス(アール・マックグロウ)
   ジェフ・フェイヒー(JT)
   マイケル・ビーン(ヘイグ保安官)
   ナヴィーン・アンドリュース(アビー)
   ブルース・ウィリス(マルドゥーン中尉)
   ステイシー・ファガーソン(タミー)
   クエンティン・タランティーノ(兵士)

デス・プルーフ
Death Proof

(2007年 アメリカ)
監督・脚本・出演/クエンティン・タランティーノ(ウォーレン)
出演/カート・ラッセル(スタントマン・マイク)
   ヴァネッサ・フェルリト(アーリーン/バタフライ)
   シドニー・ターミア・ポワチエ(ジャングル・ジュリア)
   ジョーダン・ラッド(シャナ)
   ローズ・マッゴーワン(パム)
   ゾーイ・ベル(ゾーイ)
   トレイシー・トムズ(キム)
   ロザリオ・ドーソン(アバナシー)
   メアリー・エリザベス・ウィンステッド(リー)

|

« 俺たちフィギュアスケーター | トップページ | ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 »

アメリカ映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/22415156

この記事へのトラックバック一覧です: グラインドハウス USAバージョン:

« 俺たちフィギュアスケーター | トップページ | ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 »