« ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 | トップページ | マイ・ブルーベリー・ナイツ »

プライスレス 素敵な恋の見つけ方

お気に入り度 ★★★☆☆

こんな話

高級ホテルでウェイターとして働くジャンは、ある夜バーで出会った美女イレーヌに金持ちの滞在客と勘違いされ、夢のような一夜を過ごす。しかししがないウェイターであることがばれ、玉の輿狙いのイレーヌから見切りをつけられた。あきらめきれないジャンは、イレーヌを追ってコートダジュールまで行く。

思ったこと

玉の輿を狙って金持ち男にぶら下がる、若くてきれいなイレーヌ。
そんな物欲が強くて計算高い女が、金持ち恋人に見つかる危険を冒して、たまたま出会った素性も定かでない男と逢引きするかなぁ。
マヌケ過ぎる勘違いだし・・・。
まあ最初の夜は酔ったはずみの間違いだとしても・・・。
「お金持ちが好き」という価値観は否定しないが、そういうツメの甘さがちょっとね。
男に買わせたブランド品を身につけ、男の金で高級ホテルや高級レストランに出入りするイレーヌはあんまりかわいいと思えなくって、それにオドレイ・トトゥにはこういう役は似合っていない気がして、なかなかお話にノレなかった。

ところが、イレーヌに貢がせられたあげく冷たく放り出されたジャンが、金持ちマダムのマドレーヌに愛人として拾われたあたりから俄然おもしろくなり。
うーん、さすがフランス、一筋縄ではいかないわ・・・。
ダサダサの天然男ジャンに、意外にも備わっていたジゴロの才能!?
効果的な会話や貢がせ方をジャンに指導するイレーヌはとても生き生きしていて、今までになく親密な雰囲気に満足そうにも見えるジャン。
なんか方向間違っているよー(笑)。
ジャン役のガド・エルマレはフランスで人気のコメディアンらしいが、別にかっこいいわけでもないのに、邪険に追い払ってもひたすら後をついてくる小犬のように、いつしか愛しく思えてくるのだった。

金持ちマダムのマドレーヌはすごい貫禄。
もし私がなるなら、この立ち位置がいいわー。
なんだか自由でいられる気がするから。
豊潤に持っている自分のお金で気に入った男をペットにして教育、すべて分かってる上で見たくないものは見ないふりもし、ちょっぴり寂しい思いをしたとしても次を見つければいいの。

オドレイ・トトゥはすんごい痩せてて、布の少ない服だとちょっと貧相に見えるくらい・・・。
なのに胸だけはちゃんとあるのは、いったいどういう仕組み?

プライスレス 素敵な恋の見つけ方
Hors de Prix/Priceless

(2006年 フランス)
監督/ピエール・サルヴァドーリ
出演/オドレイ・トトゥ(イレーヌ)
   ガド・エルマレ(ジャン)
   マリー=クリスティーヌ・アダム(マドレーヌ)
   ヴァーノン・ドブチェフ(ジャック)
   ジャック・スピエセル(ジル)
   アネリーズ・エスム(アニエス)
公式サイト

|

« ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 | トップページ | マイ・ブルーベリー・ナイツ »

フランス映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/23297443

この記事へのトラックバック一覧です: プライスレス 素敵な恋の見つけ方:

« ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 | トップページ | マイ・ブルーベリー・ナイツ »