« いつか眠りにつく前に | トップページ | 黒猫・白猫 »

やわらかい手

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

未亡人マギーの悩みは、難病で入院している孫オリーのこと。メルボルンまで行って手術を受ければ助かるかもしれないと医師に告げられるが、マギーにも、息子夫婦のトムとサラにもそんなお金はない。困ったマギーが見つけた仕事は、セックスショップで手を使って男をイカせるというものだった。

思ったこと

人間っていろんな可能性が残っているんだなー。
今まで仕事をしたことがなく、一般的にはリタイアするような年のマギーに、こんな才能があったなんて!
なんだか夢を感じる!?
最初はフツーのおばさんという風に見えていたマギーだが、とまどいつつも奮闘していくうちに、だんだんかわいらしく思えてくる。
「年増?さえない?そんな女は雇っていない」というミキの言葉が男前!

このシステム、ミキは「東京で見たのを真似した」と言うがホント!?
こんなん、あるの!?
最初は抵抗感いっぱいで逃げ出すマギーだが、決死の覚悟で頑張ることにし、だんだん慣れていったら平然と雑誌片手にできるくらいのルーティンに。
なんだか指圧マッサージとかと同じようなもんだと思えてきたよ!
壁の向こうに立つ男たちはコインを入れているが、それってけっこう安いということだよねぇ。
殺風景な仕事部屋に好きな絵や花を飾ったりするのが、“女の適応力”という感じで微笑ましい。
親切に仕事を教えてくれた同僚ルイザとは、年は離れているけど、心を開くことのできる友達に。
だのに、マギーが“イリーナ・パーム”として大人気となり、ルイザの仕事を奪ってしまったことで関係は壊れてしまう。
ここで安易な解決や仲直りができなかったことは、リアルな感じ・・・大人になってからの友情って、お金とか仕事、利害、そういうことにも左右されてしまう・・・悲しいけど。

息子トムの奥さんであるサラは背が高い美人だけど、マギーがオリーへのおみやげに持ってきたぬいぐるみを「困るわ」と取り上げたり、医者が手術のことを話すと「誰がお金を払うの!?」とすごんだり、いくらショックを受けているといえマギーと別れ際に挨拶しないどころか見もしなかったり、すんごく感じ悪い。
単に性格がキツイ人なのか、その理由はよく分からないんだけど、もしかしてトムがマザコンのせい?
トムがマギーの秘密を知って、あんなに激昂してしまうのは、マザコンだからなんだろうなー。
オリーのために大金が必要なのは確かで、既にそれはありがたくもらっているのに、母親が汚れた仕事をしているという思いに耐えられないのは、理屈じゃないんだろうなー。
お母さんにボーイフレンドができたと知ったとき、また怒って泣いちゃうんじゃないかと心配・・・。

やわらかい手
Irina Palm

(2006年 イギリス/フランス/ドイツ/ベルギー/ルクセンブルク)
監督/サム・ガルバルスキ
出演/マリアンヌ・フェイスフル(マギー)
   ミキ・マノイロヴィッチ (ミキ)
   ケヴィン・ビショップ(トム)
   シボーン・ヒューレット(サラ)
   ドルカ・グリルシュ(ルイザ)
   ジェニー・アガター(ジェーン)
公式サイト

|

« いつか眠りにつく前に | トップページ | 黒猫・白猫 »

イギリス映画」カテゴリの記事

ドイツ映画」カテゴリの記事

フランス映画」カテゴリの記事

ベルギー映画」カテゴリの記事

ルクセンブルク映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/21956772

この記事へのトラックバック一覧です: やわらかい手:

« いつか眠りにつく前に | トップページ | 黒猫・白猫 »