« 4分間のピアニスト | トップページ | アフタースクール »

君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

1956年、ソ連の支配的な共産主義政権の下にあったハンガリー。ポーランドでの民衆蜂起に触発され、ブダペストでも独立学生連盟が中心となって改革派指導者ナジ・イムレを首相に望むデモを行った。しかし秘密警察AVOが市民に発砲し、ソ連軍の戦車が街に入って戦闘が始まる。スター水球選手のカルチは、独立学生連盟の中心となって活動するヴィキに惹かれるうち、親友ティビが止めるのもきかず、オリンピックへの夢を捨てて運動に身を投じていく。

思ったこと

強圧的な国家に対して自由を求める民衆の戦い、威信をかけたスポーツ試合、戦下での恋人たち・・・いかにもドラマティックな舞台だてだが、それほど遠くない過去、本当に起こった歴史的事件を背景にしていることを思うと胸が熱くなる。
普段の生活の場である街に、ガタガタと戦車が入り込んでくる様子にはゾッとする。
それは、市民である自分たちに向けられた圧倒的な武力・・・。
こういうストーリーを観るといつも、自分がその場にいたらどうするのかと考えてしまう。
何が正しいことか決断して行動できるのか、恐ろしさに屈せずにいられるか、保身のために密告せずにいられるか、扇動されて愚かなことをしてしまわないか、家族とかに止められたらふりきれるのか・・・。
カルチは最初、水球選手として活躍することで頭がいっぱいで、政治については興味を持っていなかったが、ヴィキの真剣な思いに影響され、友人があっけなく殺されてしまうのを目の当たりにして、今までのままではいられなくなる。
カルチみたいにもてそうなスポーツマンが、固くつれないヴィキに惹かれていくって、ちょっと無理矢理なような気もしたけど。

自由ハンガリーラジオが世界に向けて必死に叫ぶ。
「私たちは懸命に戦っています。大至急、言葉でなく行動で助けを示してください。SOS、SOS!」
その悲壮な響きが激しく迫ってくる。
結局、このときの運動は武力で鎮圧されてしまい、民主化が実現するのは1989年まで待たねばならない・・・。
ハンガリーだけでなく、チェコの「プラハの春」「チェコ事件」や、ポーランドの「連帯」など、東欧革命に連なる歴史は、本当に心に突き刺さってくるなぁ。
そして今このときにも、現実世界で、国家の抑圧と戦っている人々がいるということも忘れてはならない・・・。

水球の試合シーンには、劇中の観客と熱狂を共有!
スポーツって代理戦争だというのを実感する。
実際にあった“メルボルンの流血戦”が語り継がれるのもむべなるかな。
でもねー、ソ連チームをちょっと悪者に描き過ぎではないかねー?
ひと昔前の、悪者=ナチス、ソ連という単純な図式の感じ。
そういえば社会科で「冷戦」を勉強した子供の頃は、ソ連ってすごく恐い存在に感じられたなぁ・・・。

君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956
Szabadsag, Szerelem/Children of Glory

(2006年 ハンガリー)
監督/クリスティナ・ゴダ
出演/イヴァーン・フェニェー(サボー・カルチ)
   カタ・ドボー(ファルク・ヴィキ)
   シャーンドル・チャーニ(ヴァーモシュ・ティビ)
   カーロイ・ゲステシ(水球チーム監督)
   イルディコー・バーンシャーギ(カルチの母)
   タマーシュ・ヨルダーン(カルチの祖父)
   ダーニエル・ガーボリ(カルチの弟ヨージ)
   ペーテル・ホウマン(フェリおじさん)
   ヴィクトーリア・サーヴァイ(エステル)
   ツェルト・フサール(ヤンチ)
   タマーシュ・ケレステシュ(イミ)
公式サイト

|

« 4分間のピアニスト | トップページ | アフタースクール »

ハンガリー映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/21869807

この記事へのトラックバック一覧です: 君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956:

« 4分間のピアニスト | トップページ | アフタースクール »