« 再会の街で | トップページ | NEXT−ネクスト− »

once ダブリンの街角で

お気に入り度 ★★★☆☆

こんな話

穴の空いたギターを抱え自作の曲を歌うストリートミュージシャンの男に、話しかけてきた女。チェコからダブリンに移り住んだ女は、仕事の合間に楽器店でピアノを弾くのを楽しみにしていた。ギターとピアノの音を合わせた日から、ふたりの心もだんだんと寄り添っていく。

思ったこと

手持ちカメラで画面がぐらぐら揺れる不鮮明な映像に、最初ちょっとウンザリ。
チェコから来た女の子(といっても子持ち)が、ストリートミュージシャンの男に「歌の相手はガールフレンド?」「どんな人?」「どうして別れたの?」などとしつこく質問してくるのにも辟易。
主演のふたりは特に美形でも個性的でもおしゃれでもないんだが、いかにも実在していそうな普通な感じがあって、だんだんと友人を見ているような気持ちになったよ。
でも感情移入はできなかった・・・。

路上で歌っている男にしつこく話しかけ、修理してほしい掃除機をゴロゴロ引きずってくる不思議ちゃんな女は、一緒に食事をしたり、男の家まで来たりする。
てっきり男のことが好きなんだと思うよねー。
最初は迷惑そうにしていた男だったが、「泊まっていかない?」という誘いを拒否られたのを境に、女を追いかけるほうに逆転する。
女の気持ちがいまいち分からねぇ〜どういうつもりで近づいたんだ?
惹かれあっているのに恋愛にはならない、でもただの友達というわけでもないふたりの関係。
男はロンドンの元カノを忘れられないのか、女は別居中のチェコの夫とどうなるのか、なんかもやもやしたまま話は進んでいくのでした。
紙一重で恋人同士に転びそうだったけどねー。
ま、そういうこともあるかってことで。

正直この映画で男が作り上げていく音楽はあんまり私の好みじゃない。
でも楽器店に展示されているピアノと、穴の開いたギターで即興デュエットするシーンには心躍った。
ちょっとたどたどしいのがリアル。
長らく楽器には触っていないけど、私も久しぶりに弾いてみたいな、という気持ちがむくむく湧いてきたよ。
そういえば、人と合わせるのって気持ちいいんだよね・・・ずっと忘れてた。
男が一念発起してデモCDを作る過程も高揚感があって楽しい!
スタジオの借り賃をねぎったり、銀行に融資を頼みに行ったり、路上バンドをスカウトしたり、徹夜で演奏を録音したり。
最初だるそうにしていたスタジオのエンジニアが、演奏が始まるとそのうまさにハッとするだなんて、そんなうまい展開・・・とも思うが、いい気分になれる。
主演ふたりは本物のミュージシャンだそうで、なかなか聴きごたえあります。

once ダブリンの街角で
Once

(2006年 アイルランド)
監督・脚本/ジョン・カーニー
出演/グレン・ハンサード(男)
   マルケタ・イルグロヴァ(女)
   ビル・ホドネット(男の父親)
   ダヌシュ・クトレストヴァ(女の母親)
   ゲオフ・ミノゲ(エイモン)
公式サイト

|

« 再会の街で | トップページ | NEXT−ネクスト− »

アイルランド映画」カテゴリの記事

コメント

なるほど~。
私は予想外に曲が良かったと思ったので、甘い感想になりました。
くっつかなかったのも、さらりとして余韻がありました。
主演がミュージシャンで、監督もその仲間だったらしいですが、この映画を作った理由は何?と、ちょっと考えました。

投稿: ボー | 2009/02/05 00:53

ボーさん、こんにちは!

この映画、巷では非常に評判が良かったようなので、単に私の趣味に合わなかっただけと思います。
世間で人気の音楽にノレないことが多い人間なんで・・・。
映画のヒットは、本人たちのいいプロモーションにもなったでしょうね~。

投稿: チヒルカ | 2009/02/07 17:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/21227285

この記事へのトラックバック一覧です: once ダブリンの街角で:

« 再会の街で | トップページ | NEXT−ネクスト− »