« ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた | トップページ | クワイエットルームにようこそ »

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

19世紀ロンドン。美しい妻ルーシーに横恋慕したターピン判事は、若き理髪師ベンジャミン・バーカーを無実の罪で投獄した。15年後、バーカーはスウィーニー・トッドと名を変え、復讐を胸に戻ってくる。ルーシーは毒をあおり、赤ん坊だった娘ジョアナはターピン判事の養女となっていた。フリート街にあるミセス・ラヴェットのロンドン一まずいミートパイ店2階に落ち着いたトッドは、復讐のチャンスを待つ。

思ったこと

いかにもミュージカルのオーバーチュアらしい重厚な音楽で始まる。
たらりたらりと流れるのは鮮やかな紅色の血。
鮮やかすぎてポスターカラーとかラズベリーソースみたいに見えるので、別に怖くない。
肉がむりむり出てくる挽肉機は気持ち悪いけど!

ジョニー・デップはほとんどの時間、眉根を寄せて表情を変えず斜めの方向をにらんでいるばかりなのに、絵になるわ〜。
人でありながらすでに人ならぬものを演じさせたら天下一品だね!
妄執にとらわれ、愛していた妻の顔さえ思い出せなくなってしまっている悲しさよ・・・。
横に並ぶヘレナ・ボナム=カーターもまごうことなきホラーファンタジー世界の住人。
メイクも髪型もファッションもかわいいー。
特に「あなたと一緒に海辺で暮らすのが夢〜♪」と妄想するシーンは、さわやかなビーチリゾートにゴスなふたりがちょこんとはまっている映像が違和感ありまくりで良いわー。
思いはいつも一方通行で切ないね。
最初の殺人を犯したスウィーニー・トッドに「なんてことを!気は確かなの!?」と迫るミセス・ラヴェットだが、「奴がゆすろうとしてきた」と答えると、コロッと「そう、じゃ殺されても仕方ないわね」と認めるブラックなシーンには笑ってしまいます。
職業別味の違いについてのデュエットも可笑しい!
が、現実感のない映像といえどやっぱり、のどをかき切る様子はぞっとさせる。
しかし理髪師ってヒゲ剃ってばかりなんかな?

ジョニー・デップとヘレナ・ボナム=カーターが歌っているのも見どころのひとつなんだろうけど、なかなか頑張っているとは思うが(何様!?)、ミュージカルとして見るとちょっと物足りないかな・・・。
歌の力で物語に巻き込まれるというミュージカル特有の魅力には欠ける。
そんななか、ジョアナの可憐な歌声と容姿には惹きつけられました。
出番が少なくて残念〜。

クライマックスからラストへの息をつかせぬ盛り上がりはさすが!
これでもうちょっと歌の力が強ければ泣けてたかもしんないのに惜しい。

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
Sweeney Todd : The Demon Barber of Fleet Street

(2007年 アメリカ)
監督/ティム・バートン
音楽/スティーヴン・ソンドハイム
出演/ジョニー・デップ(スウィーニー・トッド)
   ヘレナ・ボナム=カーター(ミセス・ラヴェット)
   アラン・リックマン(ターピン判事)
   ティモシー・スポール(バムフォード)
   サシャ・バロン・コーエン(ピレリ)
   エドワード・サンダース(トビー)
   ジェイミー・キャンベル・バウアー(アンソニー・ホープ)
   ローラ・ミシェル・ケリー(ルーシー)
   ジェイン・ワイズナー(ジョアナ)
公式サイト

|

« ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた | トップページ | クワイエットルームにようこそ »

アメリカ映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/21161331

この記事へのトラックバック一覧です: スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師:

« ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた | トップページ | クワイエットルームにようこそ »