« イタリア的、恋愛マニュアル | トップページ | レミーのおいしいレストラン »

ラブソングができるまで

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

1980年代に一世を風靡したポップスターのアレックスは、TV番組「あの人は今?」に出演を打診されるほどの落ちぶれっぷりで、仕事といえば遊園地や同窓会の興行回り。ところが、絶大な人気を誇るカリスマ歌姫コーラから、新曲提供を依頼される。返り咲きのチャンスとはいえ作詞も作曲も難航。そんなとき、バイトで鉢植えの水やりに来たソフィーが口ずさんだ歌詞に魅了され、一緒に曲を作ろうと持ちかける。

思ったこと

ヒュー・グラントとドリュー・バリモアのラブコメ・・・またか、と一瞬思ってしまったが、意外に初共演なんですね、この二人。
観る前から既視感を覚えつつ、かといって退屈なわけでもなく、安心してニコニコ楽しめる映画でした。

冒頭、80年代アイドルグループPOP!による「Goes My Heart」のミュージッククリップがいきなり爆笑もの。
アハハ、本当にありそう〜。
ヒュー・グラントがまた、ひと昔前のハンサム顔って感じでぴったりなんだ。
20年以上、腰振りダンスを続けてきたのね(笑)。

ドリュー・バリモアの役どころは、かつてつき合っていた教授から受けた仕打ちに傷つき、書くことができなくなってしまった、ちょっとエキセントリックな女性。
相変わらずカワイイですな、ドリューちゃん。
どうして「私に作詞は無理!」と頑なに拒んでいたのかトラウマを告白する場面では、そのつらい気持ちに感情移入して涙、涙・・・。

まあ、ストーリーはご都合主義ですけどね。
素人がたまたまきらりと光ることを言ったからって、プロが勝負をかけた曲の「作詞を頼む!」ということにはならんだろうし、普通。
本人があきらめて埋もれてしまっている才能を、恋の相手が見つけて引き出してチャンスを与えてくれる・・・という甘い展開だからこそ、観ていて気持ちいいんでしょうね。
スーパーアイドル歌姫コーラの曲と、アレックスが作る曲とではテイストが違い過ぎるのに、大スターのコンサートでそんな私的な曲を歌ってていいんかー。
コーラのファンは怒ってもいいぞー。

ところでコーラって、アジア系の設定?
“ブッダの悦び〜♪”って・・・(笑)。
私、けっこう好きだな・・・こういうセクシー系キワモノ。

ラブソングができるまで
Music & Lyrics

(2007年 アメリカ)
監督/マーク・ローレンス
出演/ヒュー・グラント(アレックス・フレッチャー)
   ドリュー・バリモア(ソフィー・フィッシャー)
   ブラッド・ギャレット(クリス・ライリー)
   クリステン・ジョンストン(ローンダ)
   キャンベル・スコット(スローアン・ケイツ)
   ヘイリー・ベネット(コーラ)
公式サイト

|

« イタリア的、恋愛マニュアル | トップページ | レミーのおいしいレストラン »

アメリカ映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/9643271

この記事へのトラックバック一覧です: ラブソングができるまで:

« イタリア的、恋愛マニュアル | トップページ | レミーのおいしいレストラン »