« ブラックブック | トップページ | 傷だらけの男たち »

キサラギ

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

アイドル如月ミキが自殺で世を去って1年。インターネット上で知り合った5人のファンたちが追悼会のために集まった。ファンサイト管理人の家元、落ち着きのない安男、ノリの軽いスネーク、威圧的なオダ・ユージ、挙動不審のイチゴ娘。「自殺ではなく殺されたのでは」と議論し合ううちに、思いがけない事実が次々と明るみに出る。

思ったこと

おんもしれー!
笑えて笑えてたまにほろり・・・というバランスがいいね。
ほとんどの時間、小さな部屋の中で5人の男たちがやいのやいの言っているだけなのに、緩急の変化が絶妙で飽きさせません。
そのうち舞台化とかされそう。

今までアイドルオタクの人に共感を覚えたことはなかったが、5人がいかにミキのことを想っているかを聞くうち、だんだん如月ミキのことが愛おしい気持ちになってくる。
ミキちゃん、なんで死んじゃったの〜、と悼んでしまう。
顔も分からない架空の人物なのに(笑)。
ここまで人の気持ちを熱くさせるのって、それが何であっても、尊いことなのではないか。
“人生の価値”ってこういうことだ!とまで思った。
ひとりひとりが大事な人生を生きていて、その人をとりまく幾人もの気持ちが寄り添っている・・・。
当たり前のことのようだけど、普段はちょっと忘れがち。

5人の俳優のなかでは、香川照之が最も印象に残る。
イチゴ娘、サイコーね。
たたずんでいるだけで笑えるってスゴイ。
最も感情移入しちゃったのは、小栗旬の家元。
「僕だけが・・・」と拗ねる家元・・・いやー切ないよね切ないよね。
ラストにちらりと映されたロッカーで、家元の日常を推察させるというところもよくできてる。
「虫けらだー」という言葉が後から突き刺さってきますね。
ガンバレー、負けるなよー、家元!
5人がただおもしろくキャラ設定されているだけでなく、それぞれの人生の背景をにじませているからこそ、ここまで心に残る映画になったのだろう。
ただ、小栗旬と小出恵介は、どちらもいいんだけど、ちょっと顔の系統が似すぎてるんじゃないかと思うの(たまにパッと区別がつかないことが・・・私だけ?)。

「喪服を着れば盛り上がれるんです!」とか、「ストーカーじゃない。見守っていただけだー」とか、「斜め後ろ45度から見たジョニー・デップ」とか、忘れられないフレーズ満載。
「SHOW ME!!」の破壊力にもヤラれた。
暗い気分になったときも、とりあえず「SHOW ME!!」を思い出せば笑顔を取り戻せそう(でもニヤッとした感じの笑顔かも)。
エンディングのヘタな歌と熱心なダンスも、目頭が熱くなります。
笑えるという噂は聞いてたけど、まさかこんな泣けちゃうとは思わなかったな。

キサラギ
(2007年 日本)
監督/佐藤祐市
脚本/古沢良太
出演/小栗旬(家元)
   ユースケ・サンタマリア(オダ・ユージ)
   小出恵介(スネーク)
   塚地武雄(安男)
   香川照之(イチゴ娘)
   酒井香奈子(如月ミキ)
公式サイト

|

« ブラックブック | トップページ | 傷だらけの男たち »

日本映画」カテゴリの記事

コメント

おもしろかったですねー。
笑えるセリフも多かったですし、どんどん暴かれていく秘密も飽きさせないお話でした。
おっちょこちょいなD級アイドルというのも楽しいですし。
亡くなっちゃったのは本来悲しいわけですが、コメディになってるのも、おもしろいところでした。

投稿: ボー・BJ・ジングルズ | 2007/09/02 09:39

ボー・BJ・ジングルズさん、こんにちは!

如月ミキ、よく考えたら、かなり悲惨な死に方ですよね・・・。
なんか映画観てる間は笑っちゃってましたが。

私はこれまで小栗旬のことをほぼ知らなかったので、以来、雑誌の表紙とかで見かけると「あっ、アイドルオタクの人だ」と思ってしまいます。
ヘンなイメージついちゃいました。

投稿: チヒルカ | 2007/09/02 10:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/7147981

この記事へのトラックバック一覧です: キサラギ:

» 「キサラギ」 [或る日の出来事]
毎月1日は映画サービスデーで、入場料が1000円。土日しか映画を観に行けない私としては、1日が土曜日なのは活用したい。1000円で観られるのに、前売券を使って映画を観るのは、もったいない。 ということで観... [続きを読む]

受信: 2007/09/02 08:45

« ブラックブック | トップページ | 傷だらけの男たち »