« マッチポイント | トップページ | リトル・ミス・サンシャイン »

プラダを着た悪魔

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

ジャーナリスト志望のアンディ(アンドレア)は、ファッションに興味がないのに、一流ファッション誌『RUNWAY』のカリスマ編集長ミランダのアシスタントに就職した。誰もが憧れる仕事だけど、上司のミランダは強烈に横暴で、服装はめちゃくちゃにけなされ、忙しくて私生活にも支障をきたしてしまう。

思ったこと

Prada01服! 服買わなきゃ!
靴も! バッグも!
いや、その前に痩せなきゃー!!
・・・と激しく興奮させられる映画でした。
なんだか踊らされてるって感じぃ〜(落ち着け>自分)。
しかし、アン・ハサウェイほどのスタイルで「でぶ」って言われるんだから、ミランダにかかったら私なんて「人間以下」ですかね・・・。

これって新時代のシンデレラ・ストーリー!?
女子に人気あるのもよく分かる。
普通っぽい女の子が(ほんとは普通じゃないけど)、ハイファッションで身を包んで華麗に変身したり、憧れてた人と知り合っていい雰囲気になったり、つらい仕事を頑張るうちに認められたりするのは、すごい爽快感だもんね。
次から次へと着替えて出てくるのも楽しい〜。
と思ってワクワク観てたのに、このラストの展開・・・ちょっと納得できないな〜。
アンディはエミリーのパリ行きを奪った件で悩んだけど、確かに実際に直面したらどちらもつらい思いをするだろうけど、別に汚い手を使って将来を閉ざしたわけでもなし、エミリーはそこからまた成長していけるでしょー。
そんなことでアンディはこの先やっていけるんだろうか、と思った。
誕生日くらいでがたがた言うな!>アンディの彼。
どんな仕事でも一生懸命やったら、パートナーとのすれ違いは避けて通れないんじゃないの?
それぞれの環境が変わったことで、今までの人間関係がぎくしゃくするって、身に覚えあるな〜・・・。
結局、違う状況に対する想像力や、相手に合わせる忍耐力の問題だよね。

アンディの最初の服装は普通の世界だったら十分アリだと思ったけど、もっと落差を出すためには、普通の世界でもナシくらいのダサさを強調しといたほうが、説得力あったんじゃないか。
アンディは確かに最初、仕事をナメていた。
そういう状態にもかかわらず、人気雑誌の編集部に採用されて、ちゃんと仕事を教えてもらえて、ファッションのアドバイスまで受けられるなんて、ラッキーガールだよね〜。
でも、アンディの認められ方がちょっと謎。
実務能力とガッツに長けているのはよく分かったが、企画力・文章力・センスとかは特に発揮してないのでは??
だいたいおしゃれになっていった過程がズルだ〜!
親切な先輩がスタイリストになってくれて、高価な服や靴は貸してもらってるぽい。
本当なら、いくら良い物を揃えても、ファッションセンスは一朝一夕で身につかないから苦労するんだろ〜。
それに、結局アンディは心からはファッションを愛してないように見える!

メリル・ストリープはさすがの貫禄。
じろりと上から下まで眺められただけで、ふるえあがっちゃう感じ。
尊大な態度と公私混同っぷりは確かにイヤな上司だが、強くて力のある人の下で働くのってエキサイティングだよね。
ハードな仕事をしながら、双子を産んだり、何回も結婚したりするバイタリティ。
そんな彼女がノーメイクで涙をこらえている表情には、胸を突かれるものがありました。

ちょっとびっくりしたのは、出版社って夜型だと思っていたのに、朝6時から電話がかかってきて、夜10時にはオフィスが暗くなっていたこと。
編集長には広い個室が与えられてるし、運転手がいるし、専属アシスタントがふたりもついている。
アメリカってそーなの?

プラダを着た悪魔
The Devil Wears Prada

(2006年 アメリカ)
監督/デヴィッド・フランケル
原作/ローレン・ワイズバーガー
出演/アン・ハサウェイ(アンドレア)
   メリル・ストリープ(ミランダ・プリーストリー)
   エミリー・ブラント(エミリー)
   スタンリー・トゥッチ(ナイジェル)
   エイドリアン・グレニアー(ネイト)
   トレイシー・トムズ(リリー)
   サイモン・ベイカー(クリスチャン・トンプソン)
公式サイト

|

« マッチポイント | トップページ | リトル・ミス・サンシャイン »

アメリカ映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは! 
TB行ってませんか?
ラストは私も少し意外でした。ある意味、後ろ向きな結果かも。
服装も、そういえば、社内の人にアドバイスされてたかも!
とにかく、上司のオメガネにかなえばオッケーってことなんでしょうね。

それでも、飽きずに楽しめた映画でした。

投稿: ボー | 2008/01/29 23:28

ボーさん、こんにちは!

仕事で苦労している身には、アンディが恵まれていてうらやましいやら、それを棒にふって腹立たしいやら、です。
でも間違いなく楽しめる映画ですよね~!

投稿: チヒルカ | 2008/01/31 12:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/6506868

この記事へのトラックバック一覧です: プラダを着た悪魔:

« マッチポイント | トップページ | リトル・ミス・サンシャイン »