« 敬愛なるベートーヴェン | トップページ | プラダを着た悪魔 »

マッチポイント

お気に入り度 ★★★☆☆

こんな話

元テニスプレイヤーのクリスは会員制テニスクラブのコーチとして働き始め、イギリス上流階級のトムと親しくなる。妹のクロエに気に入られて交際を始めるが、トムの婚約者、アメリカから来た女優志望のノラに惹かれる。クリスはクロエと結婚して上流の職と生活を手に入れるが、トムと別れたノラに再会し・・・。

思ったこと

欲望に揺らいで、いいとこどりしようとするクリスの腹の据わってなさ。
行動が行き当たりばったりなので、絶対そのうちボロが出るに違いない、と思ってたのに・・・。
結局運のいい人がいい目を見るって話?
でもクリス、上流階級の暮らしにそこまで幸せ感じてるようにも見えなかったんだけど。

スカーレット・ヨハンソンは、今まで観た出演作のなかでは(そんなに多くは観てないけど)、最も魅力的だった!
やっぱりいい女然としてるより、普通っぽい女の子役の方がハマってると思うなー。
出会ったばかりのノラは、つるりとした顔にふっくらした唇、若々しいボディがどうにもセクシー。
クロエは知的で性格のいいお嬢様で、十分ステキな人だと思うけど、同席したノラのほうにチラチラ目が行ってしまう気持ちがすごくよく分かる。
雨の中を泣いて歩いていたら、追いかけたくなるよね、なるよね。
それが一転して、不倫関係の深みに落ち込んでからの、ぎゃーぎゃー喚くうるささ、しょっちゅう電話してくるしつこさ、これも見事。
最初あんなに魅惑的に見えたのに、同じ女なのに、あーもうウザい!と辟易したであろうクリスの気持ちを一緒に感じられるようでした。
いや、ノラは悪くないんだけどね・・・クリスがちゃんと誠実だったら、ノラももっと落ち着いていられただろうに。
ノラの“ミスコンにも出たクラシックな美人の姉”というのが気になる(設定上だけの人だけど)。

テムズ川にビッグベン、ロイヤル・オペラ・ハウス、サーチギャラリーにテートモダンなど、ロンドン観光案内的な要素も多く、旅行気分になれてちょっと楽しい。
カントリーハウスで乗馬やハンティングを楽しむ週末、テムズ河を見下ろす豪華マンションなど、上流階級の暮らしも見どころ。

マッチポイント
Match Point

(2005年 イギリス/アメリカ/ルクセンブルク)
監督・脚本/ウディ・アレン
出演/ジョナサン・リース・マイヤーズ(クリス・ウィルトン)
   スカーレット・ヨハンソン(ノラ・ライス)
   マシュー・グード(トム・ヒューイット)
   エミリー・モーティマー(クロエ・ヒューイット)
   ブライアン・コックス(アレックス・ヒューイット)
   ペネロープ・ウィルトン(エレノア・ヒューイット)
公式サイト

|

« 敬愛なるベートーヴェン | トップページ | プラダを着た悪魔 »

アメリカ映画」カテゴリの記事

イギリス映画」カテゴリの記事

ルクセンブルク映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/6521057

この記事へのトラックバック一覧です: マッチポイント:

« 敬愛なるベートーヴェン | トップページ | プラダを着た悪魔 »