« トンマッコルへようこそ | トップページ | デジャヴ »

お気に入り度 ★★★☆☆

こんな話

洋上に浮かぶ船の上で暮らす老人と少女。10年前に老人がどこかから連れてきて、慈しみ育ててきた少女が17才になる日、ふたりは結婚式を挙げることになっている。しかし、釣り客として訪れた青年に少女が淡い想いを抱いたときから、信頼と愛情で結ばれていたふたりの関係に変化が現れる。

思ったこと

きゃー! これって、拉致監禁の犯罪ストーリー・・・。
これを“真実の愛”などと美しく言ってしまっちゃいけないような気がするんだけど・・・。

Yumi01さらわれてきた少女は10年間、船から出たことがない。
訪れる釣り客たちが好奇の目を向けて、少女にちょっかいを出そうとすると、老人が矢を放って威嚇する。
ブランコを漕ぐ少女をかすめて船体にささる矢で、占いをする。
すべてが現実離れしていて、なんだかおとぎ話を聞いてるよう。
裸の少女をやさしく洗ってやったり、ベッドの中で手を握ったり、婚礼衣装を少しずつ揃えていったり、結ばれる日を待ちわびてカレンダーにしるしをつけたり・・・この、このエロジジイ!!
老人の行動ひとつひとつが私には気持ち悪く、嫌悪感が湧き上がってくるのだけど、老人の慈愛に満ちた表情と少女の無垢な微笑みを見ていると、ふたりの関係はふたりにしか分からないという無力感に似た気持ちにとらわれる。
ふたりともセリフが一切なくて、表情やたたずまいだけで心情を強く伝えてくる。
気が付くと、私もこの少女のことをかけがえのない宝物と思い、いつまでもこの船の世界に閉じこもっていたいと必死になる気持ちに同化しそうになっていた。
占いの結果を老人の耳にささやく少女の姿、なんてエロティック!

ラスト、老人が想いをとげた(とげたと言えるよね???)シーンは、このうえもなく衝撃的!
このときちょっと眠くなっていたんだけど、ばっちり目が醒めた。
怖ろしすぎる・・・。
自分や身近な人がこの少女のような立場になったらと考えるととてもじゃないけど許せないし、少女が現実世界に戻ってからいったいどう生きることができるのか、人生を完全に狂わせたのには間違いない。
だけど、なんだか、深く清い愛を体験したことに至上の価値があるような感覚に陥ってしまうのは、映画マジックでしょうか・・・。
いや、でも、だめ、ありえないありえない・・・。

弓は射られるだけでなく、弦を張り直して楽器にもなり、メロディが奏でられる。
ヘグム(韓国二胡)という楽器だそうで、きれいな音なんだけど、きれいすぎてBGMになりきっているのが私はちょっと残念だったというか、もっと生っぽい音が聴きたかった。

キム・ギドク監督の作品は『春夏秋冬そして春』『サマリア』『コースト・ガード』『魚と寝る女』と観てきて、これで5本目。
好きかどうかと訊かれると、別に好きじゃないって言っちゃう。
だいたいイヤ〜な気分にさせられるし。
でも、妙に気になるというか、チェックしとかなきゃと思わせる存在なのです。
とんでもない出来事と美しい描写を奇妙に融合させる、独特な表現者だと思う。


The Bow

(2005年 韓国)
監督/キム・ギドク
出演/チョン・ソンファン(老人)
   ハン・ヨルム(少女)
   ソ・ジソク(青年)

|

« トンマッコルへようこそ | トップページ | デジャヴ »

韓国映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは☆TBありがとうございました!

うまくTB返しが出来てるといいですが…。
ギドクのおとぎ話チックで高尚な愛の描き方は好きなんですが、本作はどうも…。

投稿: ももも | 2007/05/21 15:10

もももさん、こんにちは!

ギドクによる“愛”はひとすじなわではいかないですね。
自分は当事者になりたくないと思う・・・。

投稿: チヒルカ | 2007/05/21 17:30

イラスト、いいですね。無垢な少女のエロス。まさに。
セリフが少ないのも面白かったです。
ギドク初体験。この先も興味がでました。

投稿: ボー | 2008/04/08 23:33

ボーさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます。

そういえばギドク映画、他のも観なきゃ。
私が知ってるなかでは、『魚と寝る女』がおすすめです。
『サマリア』には本作の少女も出てきますが、よく理解できない話だった・・・。

投稿: チヒルカ | 2008/04/26 15:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/6415586

この記事へのトラックバック一覧です: :

» [○o。1日いっぽん映画三昧。o ○]
DVDデッキとの相性が悪いらしくやっと見終わりました「弓」です。 10年前、老人が連れてきた少女は釣り人を運ぶ船の上か [続きを読む]

受信: 2007/05/21 11:34

« トンマッコルへようこそ | トップページ | デジャヴ »