« ハッピーフィート | トップページ | 七年目の浮気 »

紳士は金髪がお好き

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

ナイトクラブの花形ダンサー、ローレライとドロシー。ローレライは金持ち青年エズモンドとパリで結婚式を挙げる予定だったが、青年の父親による反対のせいで、女二人だけで豪華客船に乗りパリへ向かう。素行調査を依頼されて二人に近づくマローン。ローレライはダイヤモンド鉱山王のビークマンと親しくなり、無理におねだりしてダイヤモンドのティアラを手に入れたことから、裁判沙汰が起こる。

思ったこと

Marilyn01マリリン・モンローの映画をちゃんと観たのは初めてだが、何十年経っても根強いファンがたくさんいるだけのことはあるな〜。
何!? この超人的なまでのかわいらしさ!
この人に前に立たれて見つめられたら、どんなに気を強く持とうとしても抗えなくなりそう。
甘やかな声にもうっとり。
歌も踊りもうまいし!

ローレライはお金持ちが大好き。
その価値観はきっぱりしていて、いっそすがすがしいくらいだ。
「お金のない人と結婚すると、お金の心配をしなきゃいけなくて、愛するエネルギーが残らないわ」
「男は美人が好きでしょ? それと同じように女はお金持ちが好きなの」
・・・ハッ、思わず納得させられてしまった。
私自身はドロシーと同じで、魅力と経済力はあまり関係ないと考えるほうだけど、そっか、やっぱりお金持ちがいいかもね・・・。
だいたい、お互いが満足してハッピーだったら問題ないわけで・・・需要と供給。
お金だけが目当てなんて、ともすればいやらしい感じになりそうだけど、満ちあふれるマリリンの愛らしさがそんなの打ち消している。
親友ドロシーのために、お金持ち青年との出会いを作ろうと画策するのも、余計なお世話っぷりが笑みを誘う。

マリリン・モンローとジェーン・ラッセル、タイプの違った二人の美女が、魅惑的な肢体を惜しげもなく披露してくれるのがとにかく楽しい。
でも、なんとなく、マリリンのほうに目がいっちゃうのよね・・・。
ジェーン・ラッセルは、すでに人気女優でマリリンの10倍の出演料だったそうだし、充分素敵なんだけど、時代がマリリンのほうに流れていたのか・・・

ミュージカルシーンも見応え十分。
まず「Two Little Girls From Little Rock」と二人が踊り歌うオープニングで、心をがっちりつかまれる。
ドロシーが歌う「Ain't There Anyone Here for Love?」は、肌色の水泳パンツを身につけたマッチョなバックダンサーたちがおもしろすぎ。
そして有名な「Diamonds are a Girl's Best Friend」を歌うコケティッシュなマリリンが観れたのには大満足です。

ところで、このタイトルの意味は何だろう?
別にそういう話じゃなかったのに、そうだと断定しちゃったら、ブルネットであるドロシーの立場がないんじゃんって心配しちゃうのだけど・・・。
でもすごいインパクトあるよね。

紳士は金髪がお好き
Gentlemen Prefer Blondes

(1953年 アメリカ)
監督/ハワード・ホークス
出演/マリリン・モンロー(ローレライ)
   ジェーン・ラッセル(ドロシー)
   エリオット・リード(マローン)
   トミー・ヌーナン(エズモンド)
   チャールズ・コバーン(ビークマン)

|

« ハッピーフィート | トップページ | 七年目の浮気 »

アメリカ映画」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです!
と思ったら、マリリン映画ブームですか!?
我が家にも、記事がたくさんありますよー。
私の一押しは、この作品と「バス停留所」かな…。

ジェーン・ラッセルは後に「紳士はブルーネットがお好き」という映画に出ました。マリリンとは高校が同じというのもあったせいか、仲は良かったみたいですが、やはり「紳士は金髪~」では不満があったのでしょうか。(笑)

投稿: ボー・BJ・ジングルズ | 2007/04/29 09:33

ボー・BJ・ジングルズさん、こんにちは!
ブログしょっちゅう拝見してますよー。

渋谷シネマヴェーラに通ってたんです。
残念ながら全部は行けませんでしたが。
マリリンのかわいさに開眼しました!

ジェーン・ラッセルは不満を持ってたって、ネット上のどこかの記事で読みました〜。
後の映画も当たらなかったみたいで、ちょっと可哀想・・・。

投稿: チヒルカ | 2007/04/29 10:21

記事を書きましたのでTBしてみましたが、相性が悪いのかもしれませんね。それとも承認制?
彼女の命日月の8月は、何か彼女の映画を観ないではいられません。

投稿: ボー・BJ・ジングルズ | 2007/08/24 22:56

ボー・BJ・ジングルズさん、こんにちは!

TBは承認制に設定していないのに、なぜかたまに承認が必要とされるんです・・・なんでだろ?
シネマヴェーラでまたマリリン映画を上映していますね。
観に行きたかったのに、最近忙しくなっちゃって無理そうです・・・残念!

投稿: チヒルカ | 2007/08/26 12:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/6074741

この記事へのトラックバック一覧です: 紳士は金髪がお好き:

» 「紳士は金髪がお好き(14回目)」 [或る日の出来事]
8月。8月ですよ。何か忘れてませんか。 ああっ! マリリンの映画を観なくちゃ! 命日の月なんだから! 暑い時期にマリリンの映画を観ないと、落ち着かない私でした。 (c) 1953 TWENTIETH CENTURY FOX. All r... [続きを読む]

受信: 2007/08/24 22:39

« ハッピーフィート | トップページ | 七年目の浮気 »