« パプリカ | トップページ | キンキーブーツ »

もしも昨日が選べたら

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

有能な建築士マイケルは、出世を目前に仕事ばかりの毎日で、家族との生活をないがしろにしていた。ある日、家電すべてに使えるリモコンを探しに行った店で、最新式の特別なリモコンを手に入れる。それはなんと、周りの人や物、さらには自分の人生さえ操ることができるリモコンだった。

思ったこと

主演がアダム・サンドラーで、こんなストーリーだったら、頭を使わず気軽に楽しめるコメディを予想していたが、なかなかどうして、泣かせてもらいました。
意外な拾い物だったと言えましょう。
細々としたギャグもけっこう笑えるし。
「家族を大事にしよう」「ジャンクフードは身体によくない」などと、教育的でおもしろくもなさそうなメッセージがストレートに表現されているのだが、わりと素直に共感できた。
ジャンクフードはほどほどにして、運動しようー!

この特別なリモコンを操作して、メニュー画面を表示する。
そしたら、チャプターを選んで自分の人生の一場面を再現したり、メイキング(両親のベッドシーン!)を見たりできる。
ユニークな発想だな〜。
過去の出来事をナレーション付きで見るのっておもしろそう!!
一時停止もけっこう便利かも。
風邪をひいてつらいときや、面倒な用事をこなさなきゃならないときは、早送りにしてしまえばいい。
ということなんだけど、巻き戻しはできず、一方通行なのは困るね。
どんどん早送りしてしまうマイケルはアホだ・・・。
ケイト・ベッキンセール演じる妻はすこぶる美しく性格もいいし、ふたりの子供たちはかわいいし、良さそうな家に住んでいるくせに、「いいことがない」などと文句を言うなんて、贅沢だとしか思えない。
それにしてもワーカホリック人間は、日本もアメリカも同じなのだなー。
知らない間に人生のときが過ぎてしまった焦燥感には心底同情。
老けメイクがリアルなのも悲哀感をそそる。

ラストのオチは、予想どおりというか安易というかご都合主義なんだが、今回ばかりはこれでOK!
むしろ、ホッとした。
あんなふうに終わらなかったら腹が立っていたことでしょう。

ショーン・アスティン、『50回目のファースト・キス』のときと同様に、エンドロールを見るまで出演していたことに気付かなかったんだけど、またもやおバカっぽい筋肉男の役・・・『ロード・オブ・ザ・リング』のイメージが・・・。
日本企業のおじさんたちも登場。
利益優先って・・・TGIフライデーズって・・・バカにすんなー(笑)!

ところで、この邦題はなんなんでしょう?
内容と全然合っていない気がするんだけど・・・。

もしも昨日が選べたら
Click

(2006年 アメリカ)
監督/フランク・コラチ
出演/アダム・サンドラー(マイケル・ニューマン)
   ケイト・ベッキンセール(ドナ・ニューマン)
   クリストファー・ウォーケン(モーティ)
   ショーン・アスティン(ビル)
   ヘンリー・ウィンクラー(テッド・ニューマン)
   ジュリー・カヴナー(トゥルーディ・ニューマン)
公式サイト

|

« パプリカ | トップページ | キンキーブーツ »

アメリカ映画」カテゴリの記事

コメント

TB失礼します。

(ココログ障害がでてるためTBできてないかもしれませんがコメさせていただきます)

面白かったですよね!しかしここまで下ネタバクハツとは思わなかったので驚きました。

投稿: ももも | 2007/02/20 12:06

もももさん、こんにちは!

下ネタ、そんなにありましたっけ・・・。
犬とか・・・?
おならとか・・・?
なんかイマイチ覚えてないみたい。
スルーしちゃってたのかな?

投稿: チヒルカ | 2007/02/21 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/4763509

この記事へのトラックバック一覧です: もしも昨日が選べたら:

» もしも昨日が選べたら [○o。1日いっぽん映画三昧。o ○]
アダム・サンドラー&ケイト・ベッキンセール「もしも昨日が選べたら」です。 愛する妻と2人の子供を持つマイケル。彼は出世 [続きを読む]

受信: 2007/03/13 14:06

« パプリカ | トップページ | キンキーブーツ »