« ヨコハマメリー | トップページ | RENT/レント »

シカゴ

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

1920年代のシカゴ。スターを夢みるロキシーは、キャバレーに紹介してくれると嘘をついた愛人を撃ち殺してしまう。刑務所で出会ったのは、かつて羨望したキャバレーの踊り子、愛人と妹を殺して投獄されたヴァルマだった。ロキシーは辣腕弁護士ビリー・フリンをやとい、無罪を勝ち取るため画策する。

思ったこと

カッコイイッ!!
息もつかせぬ展開で、次から次へと挿入される歌と踊りは、さまざまな趣向が凝らされているので飽きるヒマもない。

冒頭の艶やかなヴァルマのショー「オール・ザット・ジャズ」ですっかり音楽世界のとりこに。
「ホウェン・ユーアー・グッド・トゥ・ママ」で登場するママ・モートンの、堂々たる貫禄にも参った。
女囚たちのアンサンブル「セル・ブロック・タンゴ」は、鋭い牙と爪を持った肉食獣みたい。
フリン弁護士が腹話術人形ロキシーを操る「ウィ・ボース・リーチト・フォー・ザ・ガン」は、最高におもしろい。
どこまでも“いい人”なロキシーの夫、エイモスが歌う「ミスター・セロファン」はしみる。
映画では使われなかったという、ママとヴァルマのデュエット「クラス」も聴きたいし、やっぱりサントラCDを手に入れるべきかな〜。

特にキャサリン・ゼタ=ジョーンズ姐さんの迫力には感服。
ゴージャスで本当にいい女だな〜。
もともとミュージカル舞台の出身だということで、歌も踊りも堂に入っているのに納得。
なんと撮影のとき妊娠中だったというから驚き。
その後見せた、ボリュームをいっそう増した姿にも驚いたものだが・・・。
レネー・ゼルウィガーはミュージカルは素人だったということだが、なかなか健闘している。
そのちょっと頼りない雰囲気が、欲望に忠実で思慮が浅く、かわいらしさを持ちつつもしたたかというキャラクターにぴったりハマっている。
「子供が・・・」のくだりには笑わせてもらいました。
リチャード・ギアには今まであまり興味なかったけど、おもしろいおじさんだな〜と思った。

それにしても、まさしく“生き馬の目を抜く”世界だね。
金や名声を手に入れてのし上がるためには、才能だけでなく、貪欲さと策略と運が必要。
こういうところで生き残るのは大変そう・・・。

シカゴ
Chicago

(2002年 アメリカ)
監督/ロブ・マーシャル
出演/レネー・ゼルウィガー(ロキシー・ハート)
   キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(ヴァルマ・ケリー)
   リチャード・ギア(ビリー・フリン)
   クイーン・ラティファ(ママ・モートン)
   ジョン・C・ライリー(エイモス・ハート)
   ルーシー・リュー(キティー)

|

« ヨコハマメリー | トップページ | RENT/レント »

アメリカ映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/4781508

この記事へのトラックバック一覧です: シカゴ:

« ヨコハマメリー | トップページ | RENT/レント »