« ヘイフラワーとキルトシュー | トップページ | 単騎、千里を走る。 »

博士の愛した数式

お気に入り度 ★★★☆☆

こんな話

10歳の息子と二人暮らしをしている家政婦、杏子の新しい勤め先は、記憶が80分しかもたない数学博士の家だった。いつも数学の世界に思考をさまよわせている博士は、人との交流にも数字を用いる。学校帰りに立ち寄るようになった杏子の息子に、博士は「ルート」という愛称を与え、3人で過ごすあたたかい日々が刻まれていく。

思ったこと

ルートと呼ばれる若い数学教師が教室に入ってきて、最初の授業は僕のことを知ってもらおう、と話し出す。
そこで、ちょっとウンザリした気分に。
授業の時間に先生の私的な話をされてもな・・・。
しかし、そこから回想シーンが始まり、杏子と博士の出会いが描かれたあと、黒板に「素数」「階乗」などと示して視覚的に解説されると、なんだか授業に引き込まれていくような感覚を覚えた。
おおー、意外とうまいセンセっぽい。
iやらeやら、あったあった、懐かしいなー。
そういえば高校生のときまでは、数学けっこう好きだったんだよね・・・すっかり忘れていたけど。
それにしても、こんなにちゃんと授業を聞いて、イキイキと意見や質問を述べる中学生っているんかいな。

博士の住んでいる家がステキ。
古めの日本家屋で、アンティークな家具が無造作に配置され、本や書類が積み重ねられている。
記憶が80分しかもたないって、実際どういう感じなんだろう。
1日のうちに何回も、自分の症状について“初めて”知らなくてはならず、それに慣れることもできない。
いや、80分以内に思考を反芻すれば、精神状態を安定させられる?
継続した思考ならば、複雑なことも考えられる?
いずれにしろ、足もとがぐらぐらするように不安なのではないかと思う。
絶望を感じてしまいそうな状況で、本人の知性、人格のよさ、恵まれた出会いが、しみじみとしたあたたかさを醸し出し、“人生における希望”を信じられそうな気持ちになった。
さっそうと自転車を走らせる深津絵里の姿は、苦労を見せず朗らかに凛と生きるシングルマザーの姿を象徴しているようで、美しい。

ところで、劇場で観た折に真後ろに座っていた人。
映画内で数字の話題が出るたびに、「虚数」「素数」などと、登場人物が言う前にぼそぼそつぶやくので、「うるせー!」とイラついた。
でも、もしかしたら博士みたいに、事故か何かで脳に傷がついて、思ったことを口に出さずにはいられなくなった人かもしれない・・・と考えて自分をなだめる。
終わったあとに冷たい視線で見てやろうと思って振り返ったが、その人(年配の男性)は気付かずに行ってしまいましたよ・・・。
映画館で上映中にしゃべる人って、意外に多い。
いくら小声でも、気持ちがそがれるのよね。
なんとかしてほしいよ、まったく。

博士の愛した数式
(2005年 日本)
監督・脚本/小泉堯史
原作/小川洋子
出演/寺尾聰 (博士)
   深津絵里(杏子)
   齋藤隆成(ルート:子供)
   吉岡秀隆(ルート:大人)
   浅丘ルリ子(未亡人)
公式サイト

|

« ヘイフラワーとキルトシュー | トップページ | 単騎、千里を走る。 »

日本映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/1815211

この記事へのトラックバック一覧です: 博士の愛した数式:

» 博士の愛した数式 [○o。1日いっぽん映画三昧。o ○]
「ホラーばっか観てないで!」と母に薦められました「博士の愛した数式」です。 数学教師の渾名はルート。彼が大好きな博士が [続きを読む]

受信: 2007/02/23 13:49

« ヘイフラワーとキルトシュー | トップページ | 単騎、千里を走る。 »