« プルーフ・オブ・マイ・ライフ | トップページ | 博士の愛した数式 »

ヘイフラワーとキルトシュー

お気に入り度 ★★★★★

こんな話

もうすぐ小学生になる優しいヘイフラワーと、怪獣のようにワガママなキルトシューは仲良し姉妹。ジャガイモの研究に余念のないパパ、家事が苦手なママと楽しく暮らしている。しかし、家族オリンピックをきっかけに、ヘイフラワーはいい子でいるのをやめてしまった。心配した隣人のアリブレニン姉妹がパン生地セラピーを提案する。

思ったこと

Hayflower01_1何から何までサイコーにカワイイ!
ふたりの美少女が笑い動き回る様を眺めるだけでも、この映画を観る価値があるが、周囲の大人たちのファッション、カラフルでポップなインテリアなど、片時も目が離せない。
フィンランドって、こんなにカワイイところなの・・・!?

とにかくヘイフラワーがいい子過ぎる。
ワガママ放題のキルトシューが何をやっても、にこにこ優しく見守る姉のかがみ。
私にも弟妹がいるけど、子供のときは特にジコチューで全然姉らしくできなかったので、ヘイフラワーの忍耐を見ていると胸が痛むわ。
Hayflower02_4キルトシューはすこぶるカワイイのだが、実際にそばにいたら、手をやくだろうなー。
これって本当に演技?というくらい、ナチュラルなやんちゃぶり。
寝ているときは天使みたいなんだけど・・・。
研究のことしか頭にないパパや、家にいるのが辛くて仕事に出たいママも、まるで子供みたいなもんだから、小さなヘイフラワーに心配されている。
ヘイフラワーがちょっとグレちゃったのも当然!

しかし、ママが「仕事を見つけたいけど、家にいて良いママにならなきゃいけないのかしら」と悩んでいるのはちょっと意外だった。
北欧の国では、女性も外で働くのが当たり前というイメージを持っていたので。
私としては、趣味に生き、家を華やかに飾りたて、たまに隣家のカワイイ子供たちを預かって世話する、アリブレニン姉妹のようになりたいなー。

ママやアリブレニン姉妹のファッションは、年齢や体型を気にせず、自分の好きなものを着ています!という感じでステキ。
ママのツインテールも、アリブレニン姉妹の大きすぎるお尻も、すべてがステキ。
子供みたいだったり、派手派手だったり、装飾過剰だったりするんだけど、物語の世界全体と調和している。
実際に真似・・・したら痛い目みるんだろうな・・・。
自分の部屋のシンプルさがつまらなく思えてきたので、インテリアだけでも真似したいものだ。

ところで、ヘイフラワーとキルトシューというのは英語名で、実際にはヘイナハットゥとヴィルッティトッスと呼ばれていた。
“麦わら帽子”ちゃんと、“フェルトの靴下”ちゃんね。
関係ないけど、ミッフィーは、原作のオランダ語ではナインチェ。
スナフキンは、原作のスウェーデン語ではスヌス・ムムリク。
私たちって、気付いてない間に英語に毒されて(?)いるんだなぁ・・・。

ヘイフラワーとキルトシュー
Heinahattu ja Vilttitossu/Hayflower & Quiltshoe

(2002年 フィンランド)
監督/カイサ・ラスティモ
出演/カトリーナ・タヴィ(ヘイフラワー)
   ティルダ・キアンレト(キルトシュー)
   ミンナ・スーロネン(ママ)
   アンティ・ヴィルマヴィルタ(パパ)
   メルヤ・ラリヴァーラ(ヘルガ・アリブレニン)
   パイヴィ・アコンペルト(ハリセ・アリブレニン)
   ヘイキ・サンカリ(ポッチャリ警官)
   ロベルト・エンケル(メガネ警官)

|

« プルーフ・オブ・マイ・ライフ | トップページ | 博士の愛した数式 »

フィンランド映画」カテゴリの記事

コメント

ちょっと以前の記事にコメント、TBいただき有難うございます!
姉妹の似顔絵、かわゆいですねー!
やんちゃなキルトシュー。たしかに、相手してたら、ちょっと疲れそう。

ヘイフラワーって“麦わら帽子”なんですか。知りませんでしたー。

投稿: ボー・BJ・ジングルズ | 2006/10/13 23:57

ボー・BJ・ジングルズさん、こんにちは!
この映画はとても気に入ったので、今でもチラシを机の前に貼ってあります。
またDVD借りてきて観ようかなー。

書き方がまぎらわしかったですが、“麦わら帽子”は原語のヘイナハットゥのほうです。
英語のヘイフラワーって・・・直訳すると“干草の花”でしょうか??

投稿: チヒルカ | 2006/10/14 01:55

こんにちは。TB送れたかどうかわからないですがコメさせていただきます。

キルトシューの靴。可愛かったですよね。あれはフェルトだったんだ。産まれたら履かせたいと思ってしまいました。

それにしてもキルトシューの怒った顔がロッタちゃんみたいでかわいかったです^^

投稿: ももも | 2007/06/15 09:48

もももさん、こんにちは!
すべてが最高にカワイイ映画でしたよねー!
公式サイトもよくできていたのに、今では見られなくなってしまっているのが非常に残念です・・・。
主演の美少女二人の将来も楽しみです!

投稿: チヒルカ | 2007/06/15 11:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/1758307

この記事へのトラックバック一覧です: ヘイフラワーとキルトシュー:

» 「ヘイフラワーとキルトシュー」 [或る日の出来事]
主演の子ども2人が可愛いこと! もう、それだけでいいのです。2人を見ていれば幸せなのです。子どもが好き、という人でなければ、他愛ないお話なので、面白くないと思うよ。 先日観た「ローズ・イン・タイドランド... [続きを読む]

受信: 2006/10/13 23:48

« プルーフ・オブ・マイ・ライフ | トップページ | 博士の愛した数式 »