« 空中庭園 | トップページ | 死者の書 »

イーオン・フラックス

お気に入り度 ★☆☆☆☆

こんな話

謎のウイルスで人類の99%が死に絶えてから400年後、汚染された外界と隔てられた平和な都市ブレーニャ。ワクチンを開発した科学者トレバーの子孫による圧制を、反政府組織モニカンは倒そうとする。妹ユーナを殺されたイーオンは復讐に燃えるが、トレバーと対峙したとき、あるはずもない愛の記憶がよみがえった・・・。

思ったこと

ビジュアルといい設定といい、『マトリックス』系ね・・・と思って、観に行った。
エセSFの荒唐無稽ストーリーだった。
いや、荒唐無稽でも、おもしろければいいんだけど・・・。
(ちなみに私、『マトリックス』は大好きです。)

イーオンは反政府組織モニカンの一員として支配者トレバーの暗殺を狙うが、その理由が十分に説明されていないので、短慮なテロリストに見える。
トレバーを殺すと、何がどう解決されるというのだ?
妹を殺されたことに対する私怨だとしても、もう少し事実関係を調べてからにしたら?
モニカンのリーダー、ザ・ハンドラーというのが胡散臭くて、イーオンはいいように使われているだけのように見える。

“スタイリッシュ・アクション”というのが本作の目玉であるようだが、美しくしなやかな肢体をもつシャーリーズ・セロンは、アンドロイドまたはCGキャラみたい(一応、ほめてます)。
だけど、アクションは、ただ奇をてらっているだけのように思えて、全然エキサイトできない。
カメラワークでごまかしている感じ。
この映画で、身体を張ったアクションを演じるのは女ばかりなのだが、なんか時折“女のケンカ”風味で・・・。
もっと本格的な闘いを見せてくれよぉ〜!
あと、個人的に、銃撃戦は嫌いなんだよね・・・(気分が悪くなる)。

“人間ドラマ”という点でも、甘すぎてアホらしい。
クローンとか記憶とかのテーマは、もっとおもしろくできただろうに・・・。
SF的ガジェットも、こけおどし的。
あ、でも地下にあるトレバーの図書室はうらやましかったかな。

カリン・クサマ監督はニューヨーク生まれの日米ハーフだそうで、和風モチーフがあちこちに頻出する。
使いづらそうなユーナのキッチンに畳、日の丸的デザインのトレバーのポスター、番傘を持った通行人、シサンドラの水遁の術、ニンジャ風コスチュームの銃撃隊・・・。
これらが失笑を誘い、まあ、楽しめるといえば楽しめる。

イーオン・フラックス
Aeon Flux

(2005年 アメリカ)
監督/カリン・クサマ
出演/シャーリーズ・セロン(イーオン・フラックス)
   マートン・ソーカス(トレバー・グッドチャイルド)
   ジョニー・リー・ミラー(オーレン・グッドチャイルド)
   ソフィー・オコネドー(シサンドラ)
   アメリア・ワーナー(ユーナ・フラックス)
   ピート・ポスルスウェイト(ザ・キーパー)
   フランシス・マクドーマンド(ザ・ハンドラー)
公式サイト

|

« 空中庭園 | トップページ | 死者の書 »

アメリカ映画」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します~♪
ボチボチでした・・・
セロンちゃんの衣装は、十分に楽しみましたが、アクション映画の迫力がちょっとねぇ・・・

投稿: はっち | 2006/03/14 22:50

はっちさん、初めまして!

衣装は確かにすごかったですねー。
あのヒモでできたような寝間着・・・。
寝心地悪そうです。

投稿: チヒルカ | 2006/03/15 01:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/896639

この記事へのトラックバック一覧です: イーオン・フラックス:

» イーオン・フラックス [空想俳人日記]
人生は 使命だけでは 生きられませぬ   まずは「イーオンは、いいお~ん」などと親父ギャグから。つい、この間、みんなを立ち上がらせてくれた映画「スタンド・アップ」のシャーリーズ・セロンの出ずっぱり映画。立ち上がらなかった親父も、きっとこの映画で立ち上がるか... [続きを読む]

受信: 2006/03/12 21:09

» イーオン・フラックス [Akira's VOICE]
見所は,凝った映像と,しなやかなアクションだけ。 [続きを読む]

受信: 2006/03/13 10:24

» 映画館「イーオン・フラックス」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
未来はなんだか日本的!和傘が流行するのでしょうかぁ~?? 内容は、どこかで観た作品を組み合わせたような感じを受けました。「アイランド」とかね。外の世界から隔離するのは、最近のゾンビ作品「ランド・オブ・ザ・デッド」とか「東京ゾンビ」とかねぇ。そんなんで...... [続きを読む]

受信: 2006/03/13 19:48

» 【劇場鑑賞23】イーオン・フラックス(AEON FLUX) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
西暦2415年 反政府組織モニカンは 共産主義崩壊を目指し 一人の暗殺者を送り込んだ・・・ 全身武器の美しき忍び イーオン、君に泣いているヒマはない。 [続きを読む]

受信: 2006/03/13 23:54

» イーオン・フラックス [Saturday In The Park]
 アメリカ  監督:カリン・クサマ  出演:シャーリーズ・セロン      マートン・ソーカス      ジョニー・リー・ミラー      フランシス・マクドーマンド   新種のウィルスにより99%に人間が死滅してしまった西暦2011年。 科学者トレバー・...... [続きを読む]

受信: 2006/03/14 10:57

» イーオン・フラックス 2006-13 [観たよ〜ん〜]
「イーオン・フラックス」を観てきました〜♪ 2011年、人類はウィルスにより人口の99%が死滅した。僅かに残った人々は、トレバー・グッドチャイルド(マートン・ソーカス)が中心の政府の管理下におかれていた。政府のやり方に反対する組織「モニカン」の戦士イーオン・フラックス(シャーリーズ・セロン)。彼女にトレバーの暗殺命令が下される・・・ ... [続きを読む]

受信: 2006/03/14 22:49

» 【映画館】イーオンフラックス ["やぎっちょ"のほぼ毎日映画ライフ!!]
■やぎっちょ評価コメント 見てきました、イーオンフラックス。 うん。アクションとして正当。2400年代の未来が舞台なので、SFと捉えられないこともないけど、良かったです!! まず、何をもってしても、チャーリーズエンジェルやトゥームレイダー依頼、....... [続きを読む]

受信: 2006/03/15 00:26

» イーオン・フラックス [Alice in Wonderland]
なんだこの映画は!?シャーリーズ・セロンの為だけの映画なの!? 期待して観に来ただけにがっかり度が倍増してしまった。残念・・・ 西暦2011年 人類は転換期を迎えた。科学は劇的大躍進を遂げ、化学合成による植物が誕生し、人類は飢餓から救われた。しかし、...... [続きを読む]

受信: 2006/03/16 11:04

» イーオン・フラックス /AEON FLUX [我想一個人映画美的女人blog]
早くも出たかも?ワースト候補。。。 「キルビル」のユマサーマン、「チャーリーズエンジェル」の3人。 女性がカッコイイ映画は、大がつくほど好き! 期待ではないけど、シャーリーズがそーとーカッコイイんだろうな{/onpu/} と思って前から楽しみにしてただけに 観終わった後は、「なんだこれ、、、」 久しぶりにつまらない映画観たな  {/face_ase2/} ストーリーなくても、単純でも、楽し... [続きを読む]

受信: 2006/03/16 18:57

» 「イーオン・フラックス」見てきました [よしなしごと]
 今日はちょっと疲れていることもあり、考えなくても楽しめるアクション映画でも見ようかと、イーオン・フラックスを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006/03/18 02:10

» イーオン・フラックス [まぁず、なにやってんだか]
「イーオン・フラックス」は迫力ある映像と音響で、「映画館で観てよかった」と思わせる映画でした。上映時間が短いので、こんなに面白いんだから、もうちょっと観たかったなって思います。 序盤はちょっと難解で、誰が味方なのか敵なのか判りづらく、脳みそフル回転で字幕を追っていたんですが、だんだんわかってくると、面白くスカッとします。途中映画「アイランド」を思い起こさせるようなシーンとかが出てきました(私、「アイランド」も大好きです)。 それにしてもイーオン(シャーリーズ・セロン)の身のこなしの軽さよ... [続きを読む]

受信: 2006/03/20 00:06

» イーオン・フラックス [ブログ:映画ネット☆ログシアター]
何か物足りなさを感じる映画でした。多分、93分という短い時間ではうまく表現し切れなかったのではないかと思います。 アニメが原作となっているので複雑な状況があるのかと思いますが、あまりにもさっぱりしすぎていました。 やはりこの映画は、近未来的な街や服。シャーリーズ・セロンのアクロバット(?)が見所ではないでしょうか。 期待が大きかっただけに少々、低めの評価をしていますが、会社帰りに軽く映画をみたいかたにはお勧めです。 ... [続きを読む]

受信: 2006/03/20 11:34

» No.025 「イーオン・フラックス」 (2005年 米 93分 シネスコ) [キングの映画の窓(劇場鑑賞版)]
監督 カリン・クサマ 出演 シャーリーズ・セロン     マートン・ソーカス     ジョニー・リー・ミラー ウィルスにより人類の98%が死滅した西暦2015(もう少しやがな!) 人類は政府の圧制に苦しみながら生活をしていた。 そんな中で自らの存在と命運かけて圧制と戦う女戦士の物語・・・黒髪に黒装束に身を包んだ女戦士をシャーリーズ・セロンが演じています。 こんな役は彼女は多分初めてではな�... [続きを読む]

受信: 2006/03/21 00:27

» イーオン・フラックス [俺の話を聴け〜!]
なにかが極端に悪いわけじゃないけど、ストーリーに新鮮味がないし、内容スカスカだし、そのうえこの手のジャンルにしてはなんだか地味。良くいえばこなれた、悪くいえばありきたりな作品である。内側と外側を分けるという設定はバイオハザード以前からの定番ネタだし、行き....... [続きを読む]

受信: 2006/03/26 10:53

» 【劇場映画】 イーオン・フラックス [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 2015年、ウィルスが発生。人類は絶滅の危機に陥り、98%が死滅。ワクチンでなんとか生きながらえた人類は、開発者トレバーの一族によって成り立つ政府の下、生活してきた。2415年、君主トレバー8世への暗殺指令が下る。圧政を憎む反政府組織“モニカン”が暗殺者として選んだのは美しき女革命戦士イーオン。要塞に乗り込んだ彼女は、ついにトレバーに銃を突きつけるが、イーオンを見たトレバーは彼女を別の名で呼ぶ。混乱するイーオンは、さらに想像を超えた驚愕の事実を知る。(goo映画より) 漏れ聞... [続きを読む]

受信: 2006/03/31 07:14

» イーオン・フラックス [シネクリシェ]
 音楽、映像、美術が(だけは)秀逸な作品。もしもこれらが安手だったら、自分にとってまちがいなく近年まれにみるカックン映画となったことでしょう [続きを読む]

受信: 2006/04/02 09:15

» 「イーオン・フラックス」アカデミーご祝儀映画 [soramove]
「イーオン・フラックス」★★★ シャーリーズ・セロン主演 カリン・クサマ監督、2005年アメリカ 未来は本当に希望の無い社会なのか、 映画や小説で描かれる世界は ほとんどが希望的観測より 暗い未来が多い。 アカデミー主演女優賞を手にして シャーリーズ・...... [続きを読む]

受信: 2006/04/03 21:34

» 【洋画】イーオン・フラックス [ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!]
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  B (演技3/演出2/脚本3/撮影4/音響3/音楽2/美術3/衣装3/配役3/魅力2/テンポ3/合計31) 『評論』 こうい... [続きを読む]

受信: 2006/09/27 15:40

» イーオン・フラックス (Aeon Flux) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 カリン・クサマ 主演 シャーリーズ・セロン 2005年 アメリカ映画 93分 アクション 採点★★★ 「ミッキーさん、カッコイー!!」「オーウェン、かわいー!!」と、男優ばかり褒めちぎるブログではありますが、私個人は破壊的に女好きです。大好きです、えぇ。もちろん綺麗..... [続きを読む]

受信: 2006/09/28 10:46

» 映画鑑賞感想文『イーオン・フラックス』 [さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー]
さるおです。 『AEON FLUX/イーオン・フラックス』を観たよ。 監督はカリン・クサマ(Karyn Kusama)。女の子が作った女の子が戦う映画、そんな雰囲気はありますねー。 出演は『MONSTER/モンスター』『NORTH COUNTRY/スタンドアップ』のシャーリーズ・セロン(Charlize Theron)..... [続きを読む]

受信: 2006/10/05 03:58

» イーオン・フラックス 06年199本目 [猫姫じゃ]
イーオン・フラックス 2005年   カリン・クサマ 監督シャーリーズ・セロン , マートン・ソーカス , ジョニー・リー・ミラー , ソフィー・オコネドー Man Is Mortal ,,, まだかまだかと公開を待っていたのです。早く来ないかなぁ、、まだかなぁ、、、まだかまだか....... [続きを読む]

受信: 2006/10/16 18:34

» イーオン・フラックス [映画、言いたい放題!]
年末だし、スカッと頭を使わずに楽しめる映画が観たいですねー。 と、借りてきたDVDがこれ。 どうでしょう? 新種の疫病で人類のほとんどが死滅した未来の地球。 天才科学者トレバー・グッドチャイルド開発のワクチンでわずかに生き残った人類は、 ブレーニャと呼ばれる人... [続きを読む]

受信: 2006/12/30 17:07

« 空中庭園 | トップページ | 死者の書 »