« ふたりの5つの分かれ路 | トップページ | オリバー・ツイスト »

親切なクムジャさん

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

無実の罪で13年間服役したあと、出所してきたクムジャ。刑務所では、美しくやさしい笑顔と献身的な態度から、皆に“親切なクムジャさん”と慕われていた。クムジャはオーストラリアに養子に出されていた娘との再会を果たし、先に出所した仲間の協力を得て、自分を陥れた英語教師ペクへの復讐計画を実行する。

思ったこと

奇妙な味の観後感。
Kumuja001_3パク・チャヌク監督の“復讐三部作”の3作目にあたるわけだが、前作『オールド・ボーイ』みたいに度肝を抜かれるような疾走感はない。
淡々とした語りで、なんだかおとぎ話の世界のような雰囲気のなか、独特の価値観に律されたクムジャワールドが進んでいく。
正直、どうしてそんな自分をも傷つけるような復讐を?と思ってしまうのだけど(だってクムジャは本当に大事なもの=娘を取り戻せたのだから)。
凄惨なシーンがあっても、なんだか絵空事という感じが強くて、乾いたブラックユーモアを笑いながら楽しむという感じ。
ありえない、予想もつかない展開で、口がぽか〜んと開いてしまった。
でも血が飛び散ったり、誘拐された子供たちが泣き叫ぶ映像が入ったりするので、そもそもそういうのがダメな人は気分が悪くなるかも。

クムジャを演じるイ・ヨンエは1971年生まれということなので、撮影時は30代前半。
大人と若い娘の雰囲気が入り乱れる感じは、まさにこの年代ならでは。
正統派の美人さんで、韓国では“酸素のような女性”というキャッチフレーズがついているとか(酸素のような透明感・・・!?不思議なたとえだなー)。
がちがちの美人が淡々と復讐劇を行っていくからこその、妙なすごみが出ていた。

根っからの悪いやつ、ペク先生を演じたチェ・ミンシクは『オールド・ボーイ』の主演。
もう、両作とも、常軌を逸した怪演なので・・・今後ほかの映画に出ていても、フツーの目で見ることができないかも・・・。

そのほか、刑務所に君臨していてクムジャさんに成敗された“魔女”、「顔が光り輝く女性がいる」と例えられていると思ったら本当に光り輝く演出、オーストラリアのヘンな義父母など、細かい見どころもたくさん。

ゾゾッとしたけど、美しいシーン。
1.雪の平原のなか、人面犬を引きずって歩く。
2.石造りの暗い道で、暴漢に銃を構えながら近づく。

思わず吹き出して笑ってしまったシーン。
1.「クンシクはバカなのかもしれない」クムジャは思った。
2.クンシクが「どうぞ」と身体を差し出した。
3.チェ刑事が遺族にお茶を配っている。
4.チェ刑事が刃物の使い方を指導している。

親切なクムジャさん
Sympathy for Lady Vengeance

(2005年 韓国)
監督/パク・チャヌク
出演/イ・ヨンエ(クムジャ)
   チェ・ミンシク(ペク)
   オ・ダルス(チャン)
   キム・シフ(クンシク)
   キム・ビョンオク(伝道師)
   ナム・イル(チェ刑事)
公式サイト

|

« ふたりの5つの分かれ路 | トップページ | オリバー・ツイスト »

韓国映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは☆TB失礼します。

ちょっと内容を説明不足?私がくみ取れない?ような気がして、なんとなく感情移入のしにくい作品でした。でもチェ・ミンシクの怪演と、復讐を決めた遺族の整列とか相変わらず映像がユニークでしたね!

投稿: ももも | 2007/07/04 14:41

もももさん、こんにちは!
いつもどーもです。

確かに感情移入は難しそうな話かも・・・。
本当にユニークなシーンが多いですよね!
私が観たのはけっこう前で、だいぶ内容忘れたような気がするので、そろそろもう1回観たいところですねー。

投稿: チヒルカ | 2007/07/05 03:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/682044

この記事へのトラックバック一覧です: 親切なクムジャさん:

» 【劇場鑑賞19】親切なクムジャさん [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
愛を奪われた 哀しみの天使 娘を奪われた美しい母の悲しく切ない復讐・・・ 涙あふれる愛と再生のドラマ 最後の復讐が、 一番哀しく、 美しい。 「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続くパク・チャヌク監督の“復讐3部作”完結編だそうで...... [続きを読む]

受信: 2006/03/04 02:02

» NO.141「親切なクムジャさん」(韓国/パク・チャヌク監督) [サーカスな日々]
イ・ヨンエはきわめて貪欲に、 複雑なクムジャさんを呑み込んだ! NHKで放映中の「チャングムの誓い」が、モニタに映し出されている。アジアで驚異的な視聴率をあげたこの番組を、話題がわりにと第1回目から観ている。ヘタクソな吹き替えに卒倒しそうになりながら、また、おおげさな宮廷描写に辟易しながら、けれど、見ることを止められない。やはり、ちょっと、壇ふみの若い頃にも似たイ・ヨンエの魅力であろう。 「チャングムの... [続きを読む]

受信: 2006/04/16 13:36

» 「親切なクムジャさん」 [ひらりん的映画ブログ]
「グエムル−韓江の怪物−」に続いて見たのは、またまた韓国映画。 主役は「宮廷女官・チャングムの誓い」のイ・ヨンエ。 あんまり興味ないので・・「チャングム」は全然見てませんが・・・。 [続きを読む]

受信: 2006/09/21 00:58

» 親切なクムジャさん [○o。1日いっぽん映画三昧。o ○]
パク・チャヌク監督「親切なクムジャさん」です。 美貌と残忍な手口で世間を騒然とさせた幼児誘拐事件の犯人クムジャは、服役 [続きを読む]

受信: 2007/07/05 16:28

« ふたりの5つの分かれ路 | トップページ | オリバー・ツイスト »