« イン・ハー・シューズ | トップページ | 親切なクムジャさん »

ふたりの5つの分かれ路

お気に入り度 ★★★☆☆

こんな話

離婚の手続きをする30代カップル、ジルとマリオン。その後ふたりはホテルの部屋で肌を合わせるが、気持ちが冷めきったままマリオンは部屋を出て、ふたりの関係に終止符が打たれる。ここで場面は過去にさかのぼり、兄とその恋人を招いたある日のディナー、息子が生まれた日、結婚式、そして若いふたりの出会いのときが描かれる。

思ったこと

ちょっと年のいった、リアルなカップル・・・。
きれいなふたりだとは思うけど、すぐ隣にいそうなフツーの人たちという感じ。
顔はシワっぽいし、身体つきもちょっとゆるんでいる。
だのに、全身からセクシーな雰囲気というか、男っぽさや女っぽさが醸し出されている。
年齢を重ねることが魅力を増す方向に作用しているというか。
こういう大人って、日本にはあまりいないけど、欧米には多いよね〜。
気の持ちようとかの違いかな?
社会の問題というか、周りがどう扱うかというのも大きく影響するとも思うけど。
ディナーで背中の開いたドレスを着て、それを賞賛され、ダンスしたりとかね。

冒頭に「離婚」という結末があり、そこからだんだんと思い出していくように過去が描かれるのだけど、離婚の原因が何だったのか、はっきりと提示されるわけではない。
こういうすれ違いを重ねて、ダメになっていくのだな・・・。
最初きらきらとしていたものが、知らない間に、だんだんと色褪せていた感じ・・・。
それがとてもリアルに感じられた。
だからといって、結婚していた時間がムダだったというわけではない。
その時間は、その時間で、価値があったんだろう。

それにしても、ジルはろくでもない男だとしか思えなかった。

ふたりの5つの分かれ路
5×2

(2004年 フランス)
監督・脚本/フランソワ・オゾン
出演/ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ(マリオン)
   スレファン・フレイス(ジル)
公式サイト

|

« イン・ハー・シューズ | トップページ | 親切なクムジャさん »

フランス映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/690056

この記事へのトラックバック一覧です: ふたりの5つの分かれ路:

« イン・ハー・シューズ | トップページ | 親切なクムジャさん »