« 製作年順 | トップページ | ラヴェンダーの咲く庭で »

電車男

お気に入り度 ★★★★☆

こんな話

さえないヲタク青年が、ある日電車の中で、酔っぱらいにからまれた女性を助ける。青年は“電車男”としてネット掲示板で一部始終を相談。ネット上の人々からアドヴァイスや励ましを受けながら、“電車男”は美しい女性“エルメス”との恋を通じて変わっていく。

思ったこと

Densya012005年にブームとなった作品だが、私は長らく原作にもマンガにもドラマにも触れていなかった。
それなりにおもしろそうとは思ってたけど、必然性も感じなかったから。
けれど仕事に煮詰まった夜ふと、まとめサイトを読み始めたら、ついつい引き込まれて徹夜してしまい、あまつさえ感動の涙までにじんでいたのだ。

そこで、映画。
おもしろかった・・・けど、原作の良さを追体験したという感じかな。
短い上映時間にいろいろ詰め込まなきゃいけないし、わかりやすく盛り上げるために脚色しなければならなかっただろうし・・・。
そこで、足りないと思われる部分は、脳内補完しながら観てた。

そもそも、電車男がエルメスを好きになった理由が十分に描かれていなかったと思う。
美人だから?
もてない人生で初めて出会ったチャンスだから?
何かというとネットで相談して、うまく乗り切ろうとする電車男は、ゲームを攻略して豪華景品をゲットしようとしているみたい。
自信がないのはわかるけど、ひとりよがりで、相手のことをちゃんと見ようとしていない。

対してエルメスも、なんで電車男に惹かれていったのか、ちょっと説得力に欠ける。
中谷美紀が、素直な天然お嬢さんに見えないのは私だけ・・・?
裏の本心を隠しているように思えてしょうがない。
あれもこれも、計算なんじゃないのぉ〜?

原作のどこに最も感動したかというと、電車男がネット住人について「友達に相談に乗ってもらった」と言い、住人が「…友達って…オレらのこと…?」と感極まるところ。
そんなつながりが存在すると想像しなかったところに出現した、思いがけない温かさだったから心を突くのだろう。
固定メンバーが最初から最後までずっと見守っている状態だと、そういう意外性がないよ。

と、つい文句ばかり書いてしまったが、「人は変われる」「求めよ、さらば与えられん」というテーマには、励まされますね。
ベノアティー飲みたい。(相当、宣伝になったのでは?)

電車男
(2005年 日本)
監督/村上正典
脚本/金子ありさ
出演/山田隆之(電車男)
   中谷美紀(エルメス)
   国仲涼子(彼氏にふられた看護婦)
   瑛太(引きこもりの青年)
   佐々木蔵之介(仕事に追われるサラリーマン)
   木村多江(倦怠期の専業主婦)
   岡田義徳(よしが)
   三宅弘城(たむら)
   坂本真(むとう)
   西田尚美(エルメスの友人)
   大杉漣(電車の中の中年おじさん)
公式サイト

|

« 製作年順 | トップページ | ラヴェンダーの咲く庭で »

日本映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23401/264106

この記事へのトラックバック一覧です: 電車男:

« 製作年順 | トップページ | ラヴェンダーの咲く庭で »